水漏れ修理業者徹底比較

全国の水漏れ修理業者を比較、選び方まで解説。

運営会社
よくあるご質問

自宅で簡単!蛇口の水漏れ修理方法について

自宅で簡単!蛇口の水漏れ修理方法について
水のトラブルは、日常生活を送っていく上で付き物。

突然のトラブルでトイレやキッチンといった場所が使えなくなってしまうこともあります。

そんな水回りに関するトラブルの種類は様々です。中でも、蛇口の水漏れはご家庭で起きるトラブルの中でも起きる可能性が最も高いのではないでしょうか。

今回は、水漏れが起きやすい蛇口の修理方法について紹介していきます。 [autor]

部位別!蛇口の修理方法

部位別!蛇口の修理方法 蛇口の水漏れは、水道業者に来る修理依頼の中でもかなり多い部類に入ります。

しかし、自宅で修理できるなら自宅で済ませてしまいたいという方も多いのも事実です。

蛇口の水漏れ箇所は一つではないため、修理方法を部位別に紹介していきます。

自宅の蛇口の水漏れ箇所を確認し、次項から紹介する内容に当てはまる修理方法を活用してみてください。

パイプの先・吐水口

パイプの先・吐水口の水漏れの場合、蛇口内部にあるケレップ(コマパッキン)が経年劣化等で傷んでいるおそれが高いです。

ケレップは金属部とゴムパッキン部で構成されており、両方を丸ごと交換する方法と、パッキンだけを交換する方法があります。

交換方法は以下の通りです。

  • 1.ハンドル根元のナットを外す。
  • 2.ハンドルを外す。
  • 3.ケレップを取り出し、該当箇所を交換。
  • 4.ハンドルとナットを戻す。


ケレップを節水ケレップに交換すると、節水効果が期待できるので、これを機に節水を意識する場合にチェックしてみてください。

ハンドルの根元

ハンドルの根元から水漏れしている場合、裏部分の三角パッキンが経年劣化等で傷んでいる可能性があります。

一緒にナットの回転を防ぐために、ワッシャーと呼ばれる平たい金属板も交換するようにしましょう。 交換方法は以下の通りです。

  • 1.ハンドル根元のナットを外す。
  • 2.ハンドルを回す。
  • 3.ハンドル裏の三角パッキン・ワッシャーを交換する。
  • 4.ハンドルとナットを戻す。


蛇口本体の根元

蛇口本体の根元から水漏れしている場合、接続部分に巻いてあるシールテープが劣化している可能性が高いです。

シールテープの交換は以下の通りです。

  • 1.本体を外す。
  • 2.配管内を清掃する。
  • 3.新しくシールテープを巻く。
  • 4.本体を取り付ける。


シールテープを巻きつける際、ネジに向かって時計回りの方向に6,7回きつめに巻きつけることで、綺麗に巻きつけることができます。

また、本体を取り付ける時は新しいシールテープを傷つけないように取り付けるようにしましょう。

修理前に確認・準備しておくこと

修理前に確認・準備しておくこと 修理に入る前に、スムーズに作業を行うために確認・準備しておくことを推奨される作業があります。

それらについて、簡単に以下にまとめておきます。

  • 1.必要な器具、交換部品の準備をする。
  • 2.止水栓または元栓を締める。
  • 3.修理箇所まわりにビニールシート等を敷いておく。


以上を準備した上で作業に入ると、後片付けが楽になったり、作業が途中で止まったりすることを防ぐことができるので、ぜひ参考にしてください。

準備していた方が良い工具

修理の際にあると便利な工具がいくつかあるので、それについても紹介します。

・モンキーレンチ
蛇口のナットを交換する際に使う工具です。
可変域の広いモンキーレンチを用意しておくと、様々な修理やDIYに対応できます。

・ドライバー
プラスドライバー、マイナスドライバーの両方あると修理の際に困ることは少ないです。
大きめのサイズの方が力を入れずに回せるので、DIYをよく行う場合、大きい方がおすすめです。

・六角レンチ
カウンタータイプの水栓の場合、交換に必要な可能性があります。
DIYを頻繁に行う場合は、持っておくとよいでしょう。

・ブラシ
清掃の際に役立ちます。
歯ブラシ等で問題ありません。

水漏れが起きた時の応急措置

水漏れが実際に起きた時に大量の水が溢れてしまうケースもゼロではありません。

特に、焦ってどうしたらよいかわからない状態に陥りやすいです。

水が大量に出てきてしまった際、止水栓または元栓を締めることで、漏れ出ている水を止めることができます。

水が多く溢れ出て、床に広がってしまうと水の拭き取りが大変になってしまうほか、水道代もかかってしまいます。そのため、応急措置として知っておくことが大切です。

自宅での修理が難しい時は

ここまで紹介してきた内容は、実際に自宅で修理できる方法です。

しかし、DIYを日常的に行っていて得意な人以外にはおすすめできません。

まず、外観上修理をできたとしても、水漏れが短期間で再発してしまう可能性もあります。

慣れていない場合、修理に不備が起きるだけでなく、作業中に怪我をしてしまう、水漏れの状況が悪化する、ということもあります。

自力で直すことを難しいと思ったら無理せず、業者に依頼することが大切です。

水道業者の選び方

水道業者の選び方 しかし、水道業者を選ぶ時にもある程度の注意が必要になります。

水道業者の選び方にはいくつかポイントがあります。その中でも、重要なポイントを紹介するので、修理業者を見極めるためにどういったことに気を付けるべきか覚えておきましょう。

修理料金を確認する

修理や交換などにかかる料金と相場がわかると、高過ぎる業者や安い料金で売り込む悪徳業者に引っかかることも少なくありません。

基本的に、水道業者はホームページ上に料金一覧を掲載しているので、気になる業者がある場合、複数の業者と比べてチェックすることも大切です。

このようにして、相場がどれくらいなのかを知った上で決めるようにしましょう。

また、見積もりの段階で明確な料金を提示してくれる業者を選ぶことも大切です。

実績を確認する

実績を確認することで、その業者が今までどれほどの人に利用されたかもわかります。

多くの場合、業者のホームページなどで実績を確認できるので、気になる業者の実績は極力確認するようにしましょう。

実績があるからといって信用しきってよいとは言えませんが、参考にすべきポイントのひとつです。

水道トラブルの対応数や創業年数といった実績を見比べるようにしましょう。

実際に見積もりをとる

水道修理トラブルを避けるための簡単な方法は、実際に電話・見積もりを依頼してみることです。

その際に、相談や見積もりが無料の業者に依頼することで、お金をかけずに信頼できる業者を選ぶことができます。

スタッフの対応や見積もり書の出し方をチェックするためにも見積もりまでだけで問題ないので、業者に依頼してみるのがおすすめです。

まとめ

蛇口の水漏れ修理の方法に加えて、業者の選び方について紹介してきました。

ご自宅で修理した経験がある方や、普段から工具を使い慣れている方ならある程度の水道修理も可能です。

しかし、普段から工具を触っていない方や、水道修理が未経験という方にはDIYという手段をおすすめすることはできません。

DIYや水道修理に自信がない時には無理をせず、水道業者に依頼することを考えてみてください。

依頼時には、料金やサービス内容を確認し、実際に見積もりを行ってから依頼するようにしましょう。

蛇口の修理以外にもたくさんの水道トラブルに対応している業者が数多く存在するので、自分に合った業者を探してみましょう。