水漏れ修理業者徹底比較

全国の水漏れ修理業者を比較、選び方まで解説。

運営会社
よくあるご質問

水栓柱の交換費用はいくら?相場と選び方について解説

水栓柱の交換費用はいくら?相場と選び方について解説
日常的によく使う水まわりの設備はできるだけ充実させたい、便利にしておきたいと感じる方も多いのではないでしょうか。
今回はその中でも水栓柱にフォーカスして、水栓柱の交換費用や選び方について解説していきます。
ご自宅でのDIYでこなしたいという方もいらっしゃるかもしれませんが、無理せず水道修理業者へ依頼するというのも時として大切です。
そこで気になるポイントとなるのは、水栓柱の交換費用ではないでしょうか。
水道工事は利用する機会が少ないため、料金相場や内訳などが分からない方が多いのも事実です。
そこで、この記事では水栓柱の交換にかかる費用の相場や選び方、散水栓との違いについて分かりやすく紹介していきます。
admin

この記事は比較ランキング運営事務局が執筆しています。

水栓柱交換の費用相場

水栓柱交換の費用相場 水栓柱交換の費用相場は、作業費用で20,000円~100,000円とされています。
料金相場に幅があるのは、現在の状態や交換する水栓柱の値段によって交換費用が変動するためです。
すでに水栓柱があって水栓柱のみの交換であれば、比較的安く済むケースもありますが、散水栓から水栓柱にしたい場合等は50,000円を超えてくることが多くなってくるでしょう。
新しい水栓柱の価格にもよりますが、見積りを取る際は、費用相場を参考に考えてみるのも大切です。

交換費用の内訳

交換費用の内訳は「基本料金+工事費用+水栓柱本体の費用」で考えます。
そのため、作業費用20,000円~100,000円のところに「基本料金+水栓柱本体の費用」がかかります。
基本料金は業者ごとに設定されているものなので、詳しくは業者のホームページ等で確認してみましょう。
水栓柱も値段に幅がありますが大体は20,000円~100,000円で収まる価格帯です。

水栓柱の選び方

水栓柱の選び方 続いては水栓柱の選び方について紹介します。
使用感や外観に関わってくるので、後悔しないためにもポイントを抑えておきましょう。

使い道で選ぶ

水栓柱を選ぶときに大切なのは使い道で選ぶことです。
水栓柱の用途は環境によってそれぞれです。
例えばガーデニングに利用したい場合は無理な体勢が続かないように楽な体勢で水やりができるような高さの水栓柱を選ぶことが大切です。
洗車等で利用にする場合は、常にホースを吐水口につけていても不便がないように、吐水口が二つあるものを選ぶと、ホースと吐水口とで使い分けができて便利です。

外観に合わせて選ぶ

水栓柱は散水栓とは違い、存在感のある水道設備です。
水栓柱一つで庭やベランダのイメージが変わることも珍しくありません。
庭のコンセプトが和風なら自然な色に近い水栓柱のカバーを選んだり、洋風をコンセプトにしているならアンティークレンガ調のカバーを選んだりすると外観の調和がとれます。
せっかくお金を払って水栓柱を交換するので、少しばかり見た目にも気を使っておくだけでも満足度が違ってくるでしょう。
見た目にこだわりがなくても、パッとみたときに違和感がないものを選ぶのをおすすめします。

水栓柱とパン

水栓柱と一緒に設置することが多いパンをご存知でしょうか。
パンというのは水栓柱に取り付ける蛇口の下に設置する水受けことを言います。
パンがないと地面に水が垂れ流しになるので、土が泥になって靴が汚れやすくなったり、水が跳ねて足元が汚れたりする可能性が高くなります。
パンを設置することで清潔に水栓柱を利用することができます。

パンの選び方

パンも水栓柱と同じで基本的にはデザインを加味しながら機能性を考えて選びます。
丸型や角形、洋風と和風、ステンレスや陶器といった風にパンも様々な種類があります。
もし水栓柱と一緒にパンを設置する予定なら両方のデザインを考えながら選ぶのが良いでしょう。

散水栓と水栓柱の違い

散水栓と水栓柱の違い 散水栓と水栓柱とで迷っている方も少なくないと思います。
特に現状が散水栓で水栓柱にしようと考えている場合は使用感をはじめとしてわからないことが多いため、交換を躊躇っているという方もいらっしゃいます。
そこで、次の項からは散水栓と水栓柱のそれぞれのメリットやデメリットについて解説していきます。

散水栓

散水栓は地中に埋まっているため、場所を取らないことや、外観に大きな影響を与えないのが特徴です。
普段それほど水を外で使う機会がない場合は散水栓の方が場所を取らない分、使い勝手が良いかもしれません。
しかし、水を使う際にはデメリットも多く、しゃがまなくてはいけないことや蓋の開け閉め、蓋の開け閉めに伴って手が汚れる等の気になるポイントもしばしば。
もし、普段からガーデニングや洗車をするという場合は少々不便な部分が多い点がネックです。

水栓柱

水栓柱は立水栓とも呼ばれる名前の通り、柱に蛇口がついているのが特徴で、立ったままで使えるのが大きな魅力です。
蓋がないので、ハンドルをひねればすぐに使える点や使用後に手が簡単に洗えるといったことも可能です。
使用頻度が高い場合は水栓柱の方が何かと便利ですが、場所をとることは間違いないので、邪魔に思うか便利と思うかで散水栓とは迷いどころだといえます。

水栓柱の交換の流れ

水栓柱とパンの選び方について紹介しましたが、ここからは水栓柱の交換の流れについて解説していきます。
古い水栓柱を新しい水栓柱に変えるのはもちろん、散水栓を水栓柱に交換するまでの大まかな流れを見ていきましょう。

水栓柱同士を交換する

古い水栓柱を新しい水栓柱に変える場合は基本的にはカバーを変える、蛇口を変える、パンを変えるパターンが多いです。
そのため、基本的には費用があまり高くならない傾向にあります。
場合によっては配管工事が必要になるので、その場合は少し値段がかかると思っておくのがよいでしょう。

散水栓を水栓柱に交換する

散水栓を水栓柱に交換する場合は周囲のコンクリートを削る作業が発生します。
次に給水管と水栓柱をつなげる作業を行って、移動が伴う場合には配管工事をしなくてはいけない可能性もあります。
そこから必要に応じて新しい水栓柱やパン、排水管を設置していき、工事は完了です。
自宅で交換したい場合、水栓柱の交換は簡単なものなら問題ありません。
しかし、配管工事が必要な場合、散水栓から水栓柱への交換の場合はプロに依頼するのが無難です。

まとめ

水栓柱の交換費用について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。
水は生活には欠かせないものであり、水まわりを充実させるだけで日常生活の質は思っているよりも変わってくるものです。
しかし、今回紹介したように水道修理業者へ依頼する時は、料金相場からかけ離れていないか確認しておくことが大切です。
あらかじめ調べておけば、思いがけないほど料金が高くなるということもある程度は防ぐことも可能です。
今回の記事の内容を参考に、水栓柱の交換に関する費用について考えていただければ幸いです。