水漏れ修理業者徹底比較

全国の水漏れ修理業者を比較、選び方まで解説。

運営会社
よくあるご質問

排水管のつまりをワイヤーブラシで直すには?使い方と選び方

排水管のつまりをワイヤーブラシで直すには?使い方と選び方
トイレやキッチンといった毎日のように使う場所には故障やつまりといったトラブルも付き物です。

排水管がつまってしまって水が流れない、水道が使えなくなってしまったということでお困りではないでしょうか。

水道修理は普段の生活で行うことがないため、対処に困る方が多いのも不思議ではありません。

そこで、今回は排水管のつまる原因やワイヤーブラシを使った対処法やワイヤーブラシの選び方を紹介します。
admin

この記事は比較ランキング運営事務局が執筆しています。

ワイヤーブラシの役割

排水溝の奥の方でつまってしまった場合によく用いられるのがワイヤーブラシです。

ワイヤーブラシは排水溝の奥の方につまったものを削り取るのが役割です。

水の流れを阻んでいるものを削ることでつまりを改善することができます。ヤスリのようにしてつまりの原因となっている部分を削るイメージです。

つまり解消を目的とした道具の中では比較的強力な部類に入ります。しかし、そんなワイヤーブラシが使えないパターンも存在します。

ワイヤーブラシが使えないパターン

ワイヤーブラシが使えないパターンとは、ワイヤーブラシで削れないものがつまりの原因となっている場合です。

スマホやインテリア用品など水に溶けないものには効果が期待できません。

また、ペット砂といった水を吸って膨らむものや固形物のように固まってしまった油汚れにも効果は薄いと言えます。

慣れていない人が無理にワイヤーブラシを使ってしまうと、排水管内を傷つけてしまう原因となってしまうことも。

排水管が丈夫な塩ビ管等ではなく、蛇腹ホースの場合はワイヤーブラシで穴を開けてしまう可能性が高いです。

ワイヤーブラシでは解消できないと感じたら、水道修理の業者に依頼するのが得策でしょう。

ワイヤーブラシの選び方

ワイヤーブラシでつまりが解消できるケースも多いです。

ワイヤーブラシを買って安くつまりを解消できるに越したことはありません。

以下のポイントに気をつけてワイヤーブラシを選んでつまり解消を目指しましょう。

ワイヤーの長さ

まず注意しておきたいのがワイヤーの長さです。

つまりの位置にもよりますが、短すぎるものはそもそもつまりの原因に届かない可能性があります。

長ければ良いというものではなく、ワイヤーが長くなれば価格も高くなる上に、スペースを取ります。

よく売っている5m前後のものを買うのが推奨です。

ワイヤーの太さ

ワイヤーの太さもワイヤーブラシ選びで重要なポイントです。

太過ぎればそもそも排水管に入っていきません。

排水管は意外と細いので、確実に入る太さのものを選ぶようにしましょう。

ワイヤーの強度

最後にワイヤーの強度について解説します。

ワイヤーの強度が低いと折れてしまうので、良くないのはわかりますが強度が高過ぎても問題があります。

強度が高過ぎると、排水管のカーブで曲がり切れずにそこから先に届かないという事態になってしまいます。

さらに強度が高過ぎてしまうと、排水管等に傷をつけてしまいやすくなるので注意が必要です。

排水管がつまる原因

適切なワイヤーブラシを選ぶには排水管がつまる原因を確認する必要があります。

場所によってつまりの原因は異なってきます。

つまりはいつ、どこで起きてもおかしくはないものです。

ここからは場所別につまりの原因について解説していきます。

トイレのつまり

便器の中にある排水路はS字型になっているため、物がひっかかりやすいです。

トイレットペーパーも大量に流すだけで簡単につまってしまいます。

小さな固形物を落としたりした場合でもこのS字部分にひっかかり、つまりの原因になることも。

キッチンのつまり

キッチンのつまりの原因として、シンクに流した油や食べカスが固まってできた汚れが水の流れを止めていることが多いです。

油汚れは、最初はワイヤーブラシで削れますですが、時間経過で硬くなってしまうので、早めに対処しましょう。

浴室のつまり

浴室でつまりの主な原因は、流した髪の毛と石鹸カスです。

髪の毛が排水溝につまり、そこに汚れが溜まってつまりになります。

ワイヤーブラシで削れる汚れですが、ヘアキャッチャー等で髪の毛が大量に流れるのを予防しておくのが良いでしょう。

洗面台のつまり

洗面台のタイプによりますが、トイレ同様に排水管がS字に曲がっていることもあります。

洗面台の場合は、浴室と似て洗剤や皮脂などが混ざり合って固まったものがつまりの原因になりやすいです。

洗濯機の排水管のつまり

洗濯機の排水溝のつまりの原因の多くは、衣服から出た繊維のほこりです。

特にドラム式洗濯機は繊維のほこりが出やすく、排水管がつまりやすい傾向があります。

ワイヤーブラシでつまり解消はできますが、洗濯機の排水管は洗濯機の位置によっては掃除が難しいです。

普段からつまりが起きないようにメンテナンスすることが大切です。

ワイヤーブラシでつまりが直らない場合は

ワイヤーブラシを使ってもつまりが直らない場合に、他に打つ手はないのかとお悩みの場合はパイプクリーナーを使ってみましょう。

パイプクリーナーには紙や髪の毛や石鹸カス、食べ物残しといった汚れの原因を溶かしてつまりを解消します。

ワイヤーブラシでは届かないような場所にも効果があるので、困った時に使ってみましょう。

ただし、パイプクリーナーは種類で使う場所が決まっているため、どこに使えるものかを確認してから使用しましょう。

業者に依頼する

それでもつまりが解消しない場合は業者に依頼しましょう。

無理に直そうとしてしまい、悪化を招いてしまうケースもあり危険です。

つまりが酷ければ高圧洗浄で一気につまりを流し出してくれます。

つまりを予防する

つまりの解消法を知っておくことも大切ですが、つまりをそもそも起こさないようにすることも大切です。

つまりを予防するには、普段から排水口や排水管に気を使うようにしましょう。

洗面台と浴室にはヘアキャッチャーを設置することで、つまりの原因を作らないようにできます。

油は流さずに専用の薬品で固めてゴミに出すと環境にも優しいです。

ここまで気をつけていてもつまりは起きてしまうものなので、早期の対処が大切です。

まとめ

ワイヤーブラシとつまりの原因について紹介してきました。

自宅で対処できそうなときは、今回紹介した方法を試してみてください。

しかし、対処が難しいと感じたら無理はしないほうが良いです。

無理に自力で直そうとして、症状を悪化させてしまえば修理料金が高くなってしまいます。

費用を抑えるためには潔く業者に依頼するのも大切です。その際には見積もり無料の業者に依頼してみましょう。

料金がかからず、複数の業者同士で料金の比較も可能ですので、気になる業者があれば複数チェックしてみてください。