水漏れ修理業者徹底比較

全国の水漏れ修理業者を比較、選び方まで解説。

運営会社
配管

【場所別】水漏れの修理費用をご紹介!安く済ませるために必要なこと

水漏れが起きてしまうと、焦って修理業者に依頼したくなるかもしれません。

しかし、何も調べずに修理を依頼してしまうと本来よりも数倍高い料金がかかってしまう危険性があります。

安心して修理を任せることができる業者を見つけるためにはどのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

本記事では応急処置の方法を紹介した後に、水漏れの修理費用を安くするために確認しておきたい項目について紹介していきます。

もし水漏れを見つけたら

蛇口や水道周辺から水漏れ・漏水が発生したら、まずは応急処置をしましょう。

トイレなどで水漏れが起きている場合は止水栓を閉めることで水を止めることができます。

家の水道元栓を閉めることでも水を止めることはできますが、家全体で水が使えなくなってしまうので注意が必要です。

ハンドル式のレバーがついた止水栓であれば手でも開閉できますが、マイナスドライバーが必要なタイプもあるため、あらかじめ形状を確認しておくことをおすすめします。

【場所別】水漏れ修理の料金相場

【場所別】水漏れ修理の料金相場 水漏れ修理の料金は、水漏れした場所によって変わります。

大まかな相場としては、キッチン/トイレの水漏れ修理は1万~3万円、お風呂は1万~6万円が相場です。

ただし、実際には現場を調査してみないと水漏れの原因が分からないため、相場の料金はあくまでも目安の料金とお考えください。

ここからは、各水まわりの水漏れ修理にかかる料金をより詳しく解説していきます。

蛇口まわりの水漏れ修理費用

蛇口まわりの水漏れ修理費用は、約1万~3万円以内が相場です。

最も多い水漏れの原因はパッキンの劣化による水漏れで、その場合はパッキンを交換するだけになります。

蛇口まわりの修理の場合は基本料金や作業費として約5,000円〜が相場で、そこに出張料金や部材費(パッキン、カートリッジなど)が加わって総額は約10,000円~程度の料金になることが多いです。

個人経営の水道業者であれば、パッキン交換のような簡単な修理を5,000円前後で請け負っていることもあるので、安く済ませたい場合は地元で信用の高い業者を探してみるのも良いでしょう。

また、古くなった蛇口は本体ごと交換する必要が出てくることもあります。

その場合は作業費がおよそ1万~2万円以内で、追加で蛇口本体価格が上乗せされたものが総額となります。

蛇口の種類や機能によって料金が大きく異なるので、どの種類の蛇口に交換するのかは慎重に検討しましょう。

キッチンシンク下/洗面台下の水漏れ修理費用

キッチンや洗面台だと、シンクや洗面台下の収納スペースで水漏れが起きることがあります。

この場所の水漏れは排水管の劣化が原因になっていることが多いです。

特に気をつけたいのが排水管の素材が樹脂製のホースなのか金属製のパイプなのかによって部材費が大きく変わります。

その影響で修理にかかる総額も、上記のように1~2万円ほど変わるので注意が必要です。

また、キッチンの場合、ホースに問題はなくても排水栓が劣化していることも。

この場合は排水栓だけでなく、ホースごと交換しなくてはいけないケースがあるため、費用が高額になりやすい傾向があります。

トイレの水漏れ修理費用

トイレにも、便器に水を送ったり止めたりするための止水栓が付いています。

止水栓のパッキンや給水ホースを交換するだけの簡単な作業だけで済む場合は1万円前後で収まるのが一般的です。

しかし、トイレや浴室は蛇口以外にも、たくさんの水道部品が使われています。

トイレ全体で劣化が進んでいると別の部材もあわせて交換することになり、その分の作業費や部材費が加算されて高額になるので注意しましょう。

トイレタンクの内部部品や、止水栓から便器につながっている給水ホースなど、さまざまな部品から水漏れする可能性も。

トイレの修理・交換にかかる費用は1万~2万円前後です。

浴室の水漏れ修理費用

浴室で特に水漏れしやすいのは、サーモスタット混合水栓、シャワーホース、バスタブのゴム栓などです。

ゴム栓からの水漏れ場合は簡単な交換作業だけなので、比較的安く修理することができます。

浴室の蛇口は「サーモスタット混合水栓」(温度調整ができる水栓)という種類のものが使われています。

通常の蛇口よりも本体価格が高いので、交換が必要になった場合の費用相場は3万~6万円と高額になりやすいです。

ただし、サーモスタット混合水栓の場合も、パッキンの交換で済むことも多く、その場合は大体1万円以内で収まることが多いでしょう。

給湯器の水漏れ修理費用

意外と起きることの多い給湯器の水漏れトラブルでは、パッキンなどの部品の劣化が原因であるケースが多いです。

給湯器の寿命約8~10年前後とされており、それを過ぎている可能性もあります。

寿命が過ぎている場合は給湯器自体を交換しなくてはいけないかもしれません。

パッキンやセンサーなど部品の交換だけであれば、部材費が約1,000~5,000円程度で済むので、比較的安く修理に対応してもらえるでしょう。

しかし、給湯器自体を交換する場合、本体価格が必要になるのでかなり高額になることが多いです。

給湯器の性能にもよりますが、一般的な追い焚き機能付きの給湯器であれば10万~25万円程度の交換費用がかかります。

本体が高額なため、給湯器を選ぶ際は慎重に選ぶようにしてください。

同じ箇所でも修理費用は異なる

上記の作業事例をご覧いただくと、同じような箇所で似たような症状でも料金が大きく異なる場合があります。

漏水する原因によって料金が数倍も異なってしまうことも。

例えば蛇口の漏水修理でよくあるのはパッキンの劣化により漏水することが多いです。

この場合パッキンを交換するだけで簡単に直すことができ、パッキンの部品代も安いため、結果的に低額で修理を依頼できます。

しかし、蛇口自体(水栓)が劣化した場合は同じ箇所の水漏れであっても簡単な修理で直すことができず、水栓の交換が必要になります。

作業料金はもちろん、水栓本体の部品代によっても料金が高くなるため、場合によっては想定よりも修理料金が高額になってしまうかもしれません。

水道業者選びのポイント

水道業者選びのポイント

必ず見積もりをもらう

修理を依頼したとき、見積もりを作業前に行ってもらう流れになります。

大きな工事であれば料金が大きく異なるので、他の水道業者からも見積もりをもらうようにしましょう。

その場ですぐに契約を結ぼうとしたり、勝手に工事を始めようとしたりするような動きが見られた場合、悪徳業者である可能性も。

見積もり内容を確認させてもらえない場合は一度作業をストップしてもらい、見積もり内容を確認させてもらいましょう。

知らぬうちに高額請求されてしまう可能性があるので、見積もりが終わった段階で必ず見積もりはもらうようにしてください。

複数社の見積もりを比べる

1社の見積もりだけだと、料金や修理内容を比較することができません。

もし料金に納得がいかない場合、複数社を比較する相見積もりをしましょう。

家で水が使えないことで焦ってしまうかもしれませんが、相見積もりをせずに適当に水道業者を選んでしまうと高額請求されてしまうケースも。

依頼している側は必要な工事が分からないので、それを逆手にとって余計な修理を行って料金をカサ増しする悪徳業者もいます。

見積もりの時点で作業費や出張費、部品代などの内訳を明瞭に提示してくれる業者が安心です。

特に「作業してみないと分からない」と言って、作業前に見積もりを出さない業者は避けた方がよいでしょう。

もちろん適正価格で修理してくれる技術力の高い水道業者も多いので、きちんと見分けましょう。

見積もり無料の業者を選ぶ

良心的な水道業者であれば、見積もりまで無料のことが多いです。

実際に現地に駆けつけて調査をし、見積もり金額を提示してくれます。

ただし、「規定のエリアのみ無料」「契約に進めば見積もり料金が無料」という条件付きの場合もあるので、よくチェックしましょう。

遠いエリアの業者を選ぶと、高速代や出張料金が別途かかる可能性もあるので、依頼する際に確認が必要です。

巧妙な悪徳業者が見積もりを無料で行うことがありますが、そのまま契約してしまうと後になって高額請求されるパターンもあります。

被害にあわないためにも依頼を確定する前には必ず見積書をもらうよう徹底しましょう。

追加料金が発生するか確認しておく

現地調査が終わって見積もりを出してもらう際には、追加料金が発生する可能性があるかどうかを必ず確認しましょう。

後から理由を付けられて高額請求されないようにするためです。

プロであれば現地調査をした段階で工事内容の概要は分かります。

そのため、追加料金が発生するとしても、どんな工事が必要になる可能性が高いかを予想することはできるのです。

あらかじめ「何かが原因で追加料金は発生するか」「追加料金の金額はいくらか」ということを確認しておきましょう。

またこの内容についてもこじ付けでないか、他の業者が言っていることと大きな違いがないか確認してみてください。

水道局指定の工事事業者か確認する

依頼を考えていても、実際どの業者から見積もりをもらえばいいか分からないという場合は、水道局が指定している工事事業者を探しましょう。

一括で確認したい場合は各地域の水道局のホームページなどに、指定事業者の一覧が載っているので、そちらを確認してみても良いかもしれません。

ただし、その中から選ぶ場合も料金等はチェックし、必ず見積もりを取りましょう。

契約やその内容に関してトラブルがあったとしても、水道局は関与できません。

あくまでも自分が納得できる業者を選ぶように心がけましょう。

マグネット広告の業者は危険?

ポストに水道業者のチラシやマグネットが入っていることがあります。

気をつけたいのが、その中には悪徳業者が混じっていることもあります。

しかし、マグネット広告をしているすべての業者が悪質な高額請求を狙っているわけではありません。

マグネット広告を配っている業者だとしても、大事なのは別の業者の見積もり内容と比べ、作業内容や料金に納得できるかどうかです。

修理が終わってからぼったくりに気がついても手遅れになってしまいます。

ここまでに紹介したポイントを実践しながら慎重に業者を選んでみてください。

正当な理由で高額になってしまうケースもある

正当な理由で高額になってしまうケースもある 不当な高額請求をする悪質業者もいますが、正当な理由から修理費用が相場よりも高くなってしまうケースもあります。

適正料金であるかどうかを判断するためにも以下のような状況では料金が高額になってしまうことがあると認識しておきましょう。

特に以下のような修理が必要な場合は修理料金が高い傾向にあります。 ・水漏れまわりの補修が必要 ・材料費・部材費が必要 ・一部メーカーの特殊な部品が必要 ・早朝夜間対応、エリア外対応など料金割増の対象

これらの修理は修理料金に幅があったり、高額な修理になったりしやすいので、複数の業者から相見積もりを取るようにしましょう。

水漏れまわりの補修が必要

水漏れが起きている場所のまわりでは湿度が高くなり腐食が進んでいる場合があります。

腐食が進んでいる箇所の修繕が必要になると自然と料金は高くなってしまいます。

また、壁内や床下で起きている場合は調査や修理に手間がかかるため、相応の金額になってしまうため、見積もり内容をよく確認するようにしましょう。

材料費・部材費が必要

修理では直らなかったり、メーカーによる生産が終了していたりすると作業費と部材費が高くなりやすいです。

特殊な部品を取り寄せる必要があると、部材費が少し高くなってしまうことも。

想定よりも修理費用が高いと感じたら、業者に理由を説明してもらいましょう。

料金割増の対象

早朝や夜間対応、エリア外対応のときにも通常より料金は高くついてしまうでしょう。

これらの対応には追加で5,000~10,000円ほど請求されるのが一般的です。

あまりにも割増率の高い業者は避けることをオススメします。

水漏れ修理に保険を適用する場合

漏水・水漏れのトラブルでは、火災保険を使うことで修理費用の一部をカバーすることができます。 ただし、その内容や金額、手続きの流れなどは契約している火災保険によって異なります。

水漏れで保険を適用する場合、主に下記のような流れが必要になります。 保険会社に連絡 請求に必要な書類の説明 書類の提出 保険会社の調査 保険金の受け取り

水漏れの修理費用を安くするために保険を申請したい場合、まずは保険会社に水漏れが起こった状況などを電話で連絡してみましょう。

まとめ

水漏れの修理費用は、起きた箇所や原因によって様々です。

水漏れが深刻な場合や大掛かりな作業が必要な場合には高額な修理となってしまうこともしばしば。

高い料金を払うのだからこそ、安心して依頼できる業者を見つけておきたいです。

水道局指定の工事店から自分に合った業者を探してみてください。