水漏れ修理業者徹底比較

全国の水漏れ修理業者を比較、選び方まで解説。

運営会社
井戸ポンプ

井戸ポンプを設置するメリット・デメリットについて

井戸ポンプと言われた時、公園等にある手押しポンプをイメージする人がほとんどだと思います。

近所の公園にあったという場合は特に印象に残っている方も多いかもしれません。

井戸ポンプを家庭に設置することを考えたことはあるでしょうか。

そこで今回は、井戸ポンプとは何か、家に設置する井戸ポンプにはどのようなメリット・デメリットがあるか等について解説していきます。
admin

この記事は比較ランキング運営事務局が執筆しています。

井戸ポンプとは

井戸ポンプとは 井戸ポンプというのは、名前の通り井戸から水を汲み上げることのできるポンプのことを指します。

公園等でよく見かける井戸ポンプは家庭にも設置可能で、実際に設置する方もいらっしゃいます。

そこで、次項からはポンプについて紹介していきます。

手押しポンプ

手押しポンプは手で押して水を出すポンプです。

公園等で見かけるものはほとんどが手押しポンプなので、見たことがあるという人は多いでしょう。

古いイメージの井戸ポンプですが、メンテナンスを怠らなければ、20年程度持つ優れものです。

ただし、手押しポンプの場合は力と体力が必要になるので、一度に大量の水を使おうとすると手が疲れてしまいます。

お子様がいる家庭で使用する場合は、砂を入れる等の水質に関わるいたずらにも気をつけなければいけません。

手をはさんで怪我をしてしまうことも考えられるので、扱いには気をつけましよう。

電動ポンプ

電動ポンプは名前の通り、電気の力で水を出すポンプです。

手押しポンプは人力なのに対し、電動ポンプは蛇口をひねるだけでいいので非常に楽に井戸水を使うことができます。

一度に使用する水量が多くても疲れないので、洗車や庭への散水も可能です。

ただし、電気で動くので使用の度に電気代がかかってしまうというデメリットもあります。

手押しポンプと違い、停電してしまうと動かないので、災害に弱いことにも気をつけましょう。

井戸ポンプ設置のメリット

井戸ポンプ設置のメリット 異なる特徴を持つ井戸ポンプですが、設置するメリットはあるのでしょうか。

普通の水道を使うのとは違うメリットについて紹介します。

災害時も水が使える

井戸ポンプの手押しポンプに限りますが、電気を使わないので災害時に停電で電気が使えないときも水を汲むことができます。

地震等で水道が止まってしまっても井戸水は無くならないので、困った時に活躍してくれます。

水温が変わらない

水道の水はガスを使わなければ季節によって出る水の温度が変わってしまいます。

しかし、井戸の中は季節に関わらず一定の温度に保たれているため、夏は体感として冷たい水が、冬は暖かい水が出てきます。

ガスをつけなくても常に適温の水が使えるのが、井戸水の利点です。

水道代がかからない

井戸水は一部地域を除いて水道代がかかりません。

今まで水道水を使っていたところを井戸水に変えるだけでも、水道代がかなり浮くようになります。

井戸ポンプを使用する人の多くがこの節約を狙って井戸の設置を依頼します。

カルキ臭がしない

水道水には消毒・殺菌がすでにされているため、独特のカルキ臭がします。

井戸水は水道を通っていないので、カルキ臭のしない天然の水です。

普段から水道水を飲んでいる方にとって井戸水はとてもおいしく感じるでしょう。

井戸ポンプ設置のデメリット

井戸ポンプ設置のデメリット 井戸ポンプのメリットについて紹介してきましたが、設置の際に気をつけておきたいデメリットもいくつかあります。

メリット以外にも目を向けて設置するかの判断は慎重にしましょう。

工事費用

まず、設置には工事費用がかかります。

依頼する業者にもよりますが、全て合計すると100万円近い工事費用となることも考えられます。

また、井戸ポンプ自体も安くて10万円はする商品です。

お金に余裕がある場合を除くと、水道代が浮くというメリットを実感するのに時間がかかるかもしれません。

水が汚れている可能性がある

水が出たとしても井戸水が汚れていては意味がありません。

大半の地下水は飲める綺麗な水とされていますが、全ての地下水が飲めるほど綺麗な水とは限りません。

中にはピロリ菌のような人体に害のある菌が地下水にいる危険性もあります。

飲み水に使用する場合、特に気をつけて水質調査をしておく必要があります。

井戸水を飲まない場合でも、水に鉄分などが多く含まれていると、洗濯物が黄色や黒に変色してしまうこともあるので、何にせよ水質は必ず確認が必要です。

維持費用

井戸のメンテナンス、ポンプの電気代等のお金がかかることも忘れてはいけません。

また、井戸水は水道代がかからないメリットがありましたが、下水費用を徴収される地域もあります。

場合によっては水道を使い続けた方が金銭面的に良い場合もあります。

設置する前に維持費用について確認しておきましょう。

電気式は停電に弱い

電気式ポンプに限りますが、名前の通り電気で動くタイプのポンプなので災害等で停電すると、水が使えなくなってしまいます。

手押しポンプであれば、電気を使わず停電しても安心なので災害時まで見据えるのであれば手負いポンプの設置がおすすめです。

井戸ポンプの設置について

井戸ポンプのメリット、デメリットがわかったところで、ここからは実際の設置手順について紹介していきます。

実は業者に依頼せずとも道具さえあれば自宅でも井戸掘りは可能ではあります。

早速、設置の手順についてみていきましょう。

設置の手順

1 井戸掘りの場所を決める
周りに障害物が少ないところを選ぶようにしましょう。
作業のためのスペースを確保しておくと、スムーズに井戸掘りを進めることができます。

2 スコップで1mぐらい掘る
少し時間がかかりますが、スコップで1mくらい掘ります。

3 鞘管(さやかん)と呼ばれる塩ビパイプを設置
自宅で井戸掘りを行う場合はあらかじめこの鞘管を準備しておきましょう。

4 井戸掘り道具を使ってさらに穴を掘る
井戸掘り道具が家になくても購入・レンタルもできます。

5 水が出てきたら井戸ポンプを設置
穴を掘り進めて、水が出てきたら井戸ポンプを設置しましょう。

自宅で設置での設置より依頼がおすすめ

井戸ポンプの設置作業は一応、自宅でも可能です。

専用の器具をレンタルすることで、自力で井戸を掘った方もいらっしゃいます。

しかし、井戸掘りは時間も労力も必要な作業です。

特にお金に困っているのでなければ、井戸掘り工事に関しては業者に依頼することをおすすめします。

まとめ

井戸ポンプのメリット・デメリットについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

意外なメリットやデメリットがあったかと思いますので、これらを参考に井戸ポンプの設置について考えていただければ間違い無いでしょう。

水道代を浮かせて節約を考えている方は、住んでいる地域では井戸水にお金がかからないかを確認するのをおすすめします。

本来の目的に沿って井戸ポンプの設置を考えるようにしましょう。