水漏れ修理業者徹底比較

全国の水漏れ修理業者を比較、選び方まで解説。

運営会社

水道業者の選び方!水漏れした時に依頼すべき業者

業者女性
水のトラブルは生活の中でもいつ起きるかわからないもので、水道を使っていればいつでも起きる可能性があります。 特にトイレやお風呂、キッチンといった場所は毎日使うということもあり、トラブルが起きたらすぐに対応してもらいたいですよね。 そんな時、あまり調べずに水道業者を探してしまうと、ぼったくりや詐欺被害に遭ってしまう可能性も考えられます。 優良業者を選ぶためにはどういった点に注意すればよいのでしょうか。 この記事で詳しく解説していきます。

水漏れを発見した時に業者を呼ぶべきかどうか

蛇口 まず多くの人が悩むのが、水漏れを発見した時に業者を呼ぶほどなのかどうかという判断です。 初めて水道修理業者に依頼する場合は特に悩むことかと思います。 そんな方に向けて主な判断基準と呼ぶまでに必要な応急措置についてご紹介していきます。

まずは応急措置を行う

水道業者を呼ぶ前にまずは応急措置を行いましょう。 応急措置を行うことによって水漏れ被害を抑えることができます。 その具体的な方法は以下の通りです。

止水栓・元栓を閉める

まずは止水栓・元栓を閉めましょう。 止水栓は水漏れしている箇所が一箇所の場合に便利で、わざわざ家全体の水を止める必要がありません。 蛇口のようなハンドルが付いていてそれを回して閉める場合と。ドライバー等を使って回して閉める二種類が主流です。 対して家全体の水の止めることができるのが元栓です。 止水栓を閉めても水が止まらない場合や止水栓が見当たらない場合はこちらを閉めましょう。 元栓は水道メーターの近くか玄関横のパイプスペースに設置されていることが多いです。 閉める時は止水栓も元栓も右回しして閉めましょう。 左回ししてしまうと一層水の勢いが強くなってしまうので、注意が必要です。

ナットを閉める・テープで水漏れ箇所を塞ぐ

水漏れ箇所がパイプの接合部の場合はパイプの緩みが原因かもしれません。 水漏れが止まる可能性があるので、ナットを閉めてみましょう。 また水漏れ箇所が接合部ではない場合はビニールテープや防水テープで破損部分を塞いでみましょう。 完全な修理にはなりませんが、水漏れの軽減にはなります。 これらでトラブルが一時的に収まった場合でも、再発を懸念されるなら水道業者に状態を見てもらうのが良いでしょう。

緊急性が高いかどうかで依頼する

水道業者に依頼するかどうかの判断基準としてまずは緊急性が高いかどうかで判断しましょう。 「家で唯一のトイレが水漏れしてしまった」、「水漏れが激しく、止まらない」といった場合には、止水栓等を閉めて水道業者に修理依頼をするのがおすすめです。 自力で直した方が安い場合でも、緊急性が高い場合は水道修理業者に直してもらった方が早く解決することが多く、再発の心配もないので、おすすめです。 反対に、あまり緊急性が高くない場合は修理方法を調べて自力で直せるか確認してみるのも良いでしょう。

自力で修理できそうかで依頼する

緊急性があまり高くなく、自力で修理出来ないという場合も水道業者に依頼しましょう。 どうしようもないものに関しては業者に依頼するほかありません。 重症化する前に依頼することで修理費用を抑えられるので、水漏れがわかった段階で、自力で直せるか確認し、早々に依頼することをおすすめします。

水漏れした時の業者の選び方

水漏れした時はできるだけ確実にスピーディに修理を依頼したいですよね。 そのような水道業者の選び方は、いくつかポイントがあります。 優良業者を見分けるために気を付けるべきポイントを覚えておきましょう。

料金表を確認

まず、水漏れ修理にかかる料金を依頼前に把握しておくのが大切です。 水道業者も自社のホームページ上に料金表を掲載し、利用者にわかりやすいように料金を予め提示していることが多いです。 この料金表を確認して気になる業者の修理費用を見比べましょう。 ただし、ここで注意したいのが、相場と比べてあまりに料金が安い業者は悪徳業者でないか怪しむべきです。 まずは見積もり無料の業者に依頼して、見積もりの段階で明確な料金を提示してくれる業者を選ぶようにしましょう。

修理実績・本社情報を確認する

実績や本社情報もチェックしておきたい情報ですが、こちらもホームページなどで確認できます。 水道業者としてどれほどの実績があるのかは、その業者がどれくらいの人たちに利用されているのか知るための重要な指標です。 また、一緒に創業年数も確認しておきましょう。 創業年数が長ければ、それだけの期間利用されてきた証明です。 創業年数が長いから安心とまでは言えませんが、短過ぎる業者は避けておいた方が無難です。 また、本社がどこにあるか、電話番号等の最低限の情報が掲載されているかも確認しましょう。 悪徳業者の特徴として住所を明確に表記しないといった特徴が見られます。 会社概要や採用情報のページを見て、それらの記載がしっかりあるか確認しましょう。

水道局指定工事店であるかどうか

水道局指定工事店に認定されていることはほぼ必須条件と言って過言でないでしょう。 水道局から認可された業者でなければ水道修理業者を名乗って修理を行うことができません。 ホームページに記載されていることがほとんどなので、気になったら確認してみるのがおすすめです。 また、建築配管技能士などの資格を持ったスタッフが在籍していることを売りにしている業者もいるので、腕に自信のある業者を選びたい場合はそれらも確認するとぴったりの水漏れ修理業者を見つけることができるでしょう。

アフターフォローがあるか

修理が完了した後も、万が一修理ミスでトラブルが起きた時はどうなるのか不安になる人も多いです。 修理を依頼するならミスがあっても補填してくれるアフタ―フォロー制度があると嬉しいですよね。 修理はもちろん、交換や新設等も期間内なら無料で対応してくれるような保証もあります。 どういったアフターフォローが活用できるかどうかは事前に確認するようにしましょう。 万が一、施工面に問題があってトラブルが起きても、アフターフォロー制度がなければ、再度修理代金が発生してしまう可能性も十分にあります。 修理後でも安心できるよう、アフターフォローが充実している業者を選ぶのをおすすめします。

電話・見積もりで確認を

電話する女性 水漏れの時により良い水道業者を選ぶため方法は、実際に電話・見積もりしてみることです。 相談や見積もりが無料の業者に依頼することで料金を抑えることができます。 また、その業者が信頼できるかどうかも自分の目で確かめることができるので、まずは見積もり無料の業者に見積もりだけでも依頼してみましょう。

まとめ

水漏れ業者に修理を依頼するときには、業者の選び方に注意が必要です。 水漏れ修理を行っている業者のなかには、一部ですが悪質な業者も存在し、そういった業者を選んでしまえば、ほぼ確実に高額な費用を請求されてしまいます。 悪徳業者を避けることができても、あまり気持ちの良い対応をしてもらえなかったといったことも避けたいですよね。 今回の内容を参考にして、申し込み前の業者の選び方には気をつけてみるだけで、優良業者を選びやすくなります。 一つの業者だけで決めてしまわず、複数の業者を比較して検討してみるのがおすすめです。 その際に見積りに料金が発生しないことを確認することを忘れないようにしましょう。