水漏れ修理業者徹底比較

全国の水漏れ修理業者を比較、選び方まで解説。

運営会社
よくあるご質問

排水管のつまりにはポンプクリーナー!意外と知らないその使い方とは?

トイレやキッチンのように、毎日使うような場所ではつまりは簡単に起きてしまいます。

排水管がつまってしまうと水が流れなくなり、使い心地が悪くなります。

短期間ならそれほど気にすることはありませんが、つまりは放置していると悪化していくばかりです。

そんな時、つまり解消のために使うのがポンプクリーナーです。

今回は排水管がつまってしまった時に便利なポンプクリーナーについて紹介していきます。
admin

この記事は比較ランキング運営事務局が執筆しています。

ポンプクリーナーとは

ポンプクリーナーとは ポンプクリーナーとは排水つまりを直すために利用する器具です。

真空式パイプクリーナー(ポンプクリーナー)と呼ばれるものはスッポンのように排水口に押し当てて使います。

同様のパイプクリーナーに液体パイプクリーナーと呼ばれる排水管に流して使うタイプのものもあります。

まずはそれぞれの使い方について紹介していきます。

真空式パイプクリーナー(ポンプクリーナー)の使い方

真空式パイプクリーナーにはいくつかサイズがありますが、サイズさえ合っていればトイレや洗面台等どこにでも使えます。

まずは汚水が飛び散る可能性を考えて、ビニールシートや新聞紙で床や壁を覆いましょう。

次にオーバーフロー口のような排水口とは別の部分で、排水管につながっている部分を塞ぐ必要があります。

濡れた雑巾やガムテープで塞ぐことで、空気の逃げ道を塞ぐことができます。

そうすることで適切に圧をかけることができ、つまりの解消につながります。

最後に圧力が隙間から逃げないようにするために、ポンプクリーナーのカップの上部まで水が来るように水を貯めます。

水を貯め終わったらカップ部分を排水口につけ、ハンドルを押し引きしてポンプクリーナーを使いましょう。

ただし、固体を流してしまった場合には先に固体を取り除いてから、ポンプクリーナーを使用するようにしましょう。

液体パイプクリーナーの使い方

一方で、液体パイプクリーナーは排水口に入れて待つだけで、つまり解消をしてくれる便利なものです。

液体パイプクリーナーは水酸化ナトリウムや次亜塩素酸ナトリウムが含まれていて、それらの成分で汚れを溶かしてつまりを解消するといったものです。

使用の際はゴム手袋等で手を保護して、排水口とその周辺に液体パイプクリーナーを散布します。

ものによってはお湯を排水構内に流し込むものもあるので、液体パイプクリーナーに記載されている使用方法に従うようにしましょう。

しかし、液体パイプクリーナーは使う場所によって種類が分かれています。

間違った種類のものを使ってしまうと、排水管トラブルの原因になってしまう可能性もあるので注意してください。

使う際には使用箇所に適しているか確認するようにしましょう。

排水つまりの代表的な原因

排水つまりの代表的な原因 排水管のつまりを直す際には、排水管がつまる原因をある程度知っておく必要があります。

排水つまりは思っているよりも身近な水トラブルです。

よくあるつまりの原因について理解しておくだけでも適切に対処ができるので、代表的なつまりの原因を解説していきます。

固形物でつまりが起きるケース

固形物が排水溝に留まっているのが原因でつまりが起きるケースがあります。

排水管の太さによりますが、鍵などの小さいものを落としただけでもつまりの原因になることもしばしば。

排水路がS字型になっているトイレや洗面台の場合は、カーブしている部分に物がひっかかりやすいので、注意が必要です。

油汚れが原因でつまりが起きるケース

油や汚れが排水溝内で溜まってつまりの原因になることもあります。

キッチンのつまりの原因の多くが、シンクに流した油や食べカスが固まったものが排水溝に留まってしまうケースです。

最初は汚れが留まっているだけですが、月日が経過すると固まって水の流れをせき止めてしまいます。

特に長年使っているキッチンではよく起きるつまりです。

住み始めて長くなる家屋の場合は、キッチンのつまりを気にしておいた方が良いかもしれません。

髪の毛・石鹸カスが原因でつまりが起きるケース

髪の毛や石鹸カスが排水管内に溜まってつまりに繋がるケースもあります。

浴室のつまりで最も多い原因がこのケースです。

特に髪の長い人が家にいる場合は、髪の毛が排水溝につまりやすくなっています。

流れなかった髪に汚れが絡みついてつまりの原因に。

ヘアキャッチャーを排水口に設置して、髪の毛が排水管に流れるのを予防しておくだけでもつまりが起きる可能性は大幅に下げることができます。

無理せず業者を呼ぶことも大切

無理せず業者を呼ぶことも大切 初めて水回りのトラブルに遭った時、業者を呼ぶかどうか悩む人が多いです。

初めてのことであれば、業者に依頼すべきかそうでないかの判断が難しいと感じることでしょう。

そこで、家で直すべきなのか業者を呼んだほうが良いのかについて、簡単な基準を紹介していきます。

自力で直せないつまり

最初に挙げられるケースは、つまりが酷く自力で直せない場合です。

水がほとんど流れないようなケースで、原因を取り除くことも難しい場合となります。

この場合はつまりが重症化しており、簡単にはつまり解消できないこともしばしば。

ご自宅で道具を使ってみて直らなければ、そのまま業者に依頼するのが良いでしょう。

家全体の水の流れが悪い

家全体で水の流れが悪い場合は、排水管のかなり奥の方でつまりが起きている可能性があります。

排水マスといった屋外のつまりが原因かもしれません。

そうなってしまった場合は、自宅で修理できる可能性はかなり低いと言えます。

排水マスの位置を知っていて状態が確認できる場合は、確認してみても良いでしょう。

排水マスに固形物がつまっていて、自力で取り除ける場合は取り除いてみて水の流れが解消するかの確認をしてみると良いでしょう。

つまりの原因がわからない

つまりが起きていても原因がわからない場合は、何も打つ手がありません。

潔く水道業者を呼んで調査を依頼しましょう。

わからないからと言って、そのまま放置してしまうと悪化していく一方で何も解決できません。

原因がわからない場合に限らず、困ったらとりあえず業者に調査を依頼してしまって良いでしょう。

オススメの業者はどんな業者か

業者に依頼するとなった時に、今まで業者を選んだことがないという場合はどうしたら良いかわからないことが多いです。

まず料金に関してですが、こちらはもちろん気にして確認しておきたいです。

基本料金が5000円前後であれば、相場通りの料金設定と言えるでしょう。

何も知らない消費者を狙った悪徳業者が安い料金で依頼を受けると言いつつ、高額の料金を請求してくることがあります。

相場からかけ離れた料金設定の業者には注意しましょう。

また、見積もりが無料の業者もおすすめです。

料金を比較する際には見積もりを複数の業者に依頼することになります。

見積もりだけで料金を取られてしまう業者に見積もりを依頼すると、修理をする前に1万円以上かかってしまうことも考えられます。

料金を抑えるためにも見積もりが無料であるか、確認も忘れないようにしましょう。

まとめ

排水管つまりや自宅でできるポンプクリーナーを使った、修理と業者の選び方について紹介してきました。

自宅で対処が難しい場合は、業者に依頼しなくてはいけないこともあります。

修理しようとして症状を悪化させてしまうこともあるので、無理は禁物です。

困った時には、まずは見積もり無料の業者に依頼してみましょう。

無料で料金比較ができるほか、悪徳業者を見抜くことにも使えます。

気になる業者があれば是非チェックしてみてください。