水漏れ修理業者徹底比較

全国の水漏れ修理業者を比較、選び方まで解説。

運営会社
よくあるご質問

排水管のつまり修理はどうすればいい?ぼったくり業者に注意!

排水管のつまり修理はどうすればいい?ぼったくり業者に注意!
トイレやキッチン、お風呂といった毎日のように使う場所でつまりが起きて困ってはいませんか。

毎日使う水回りではトラブルも付き物です。排水管がつまってしまうと水が流れにくくなり、いつも通り使うにもストレスに感じるようになってしまいます。

衛生的にもよろしくはないですが、完全に使えなくなるケースは少ないため、そのまま放置してしまう方も多いです。

そのまま放置していた結果、修理業者に依頼するケースも珍しくはありません。

今回は業者に依頼するときに避けたい、ぼったくり業者の特徴や注意すべき点について紹介します。
admin

この記事は比較ランキング運営事務局が執筆しています。

ぼったくり業者かも?避けたい業者の特徴

ぼったくり業者かも?避けたい業者の特徴 まずは水道修理を選ぶときにできる、ぼったくりの対策について紹介していきます。

悪徳業者を避けるためには悪徳業者の特徴について知っておく必要があります。以下の特徴と一致する業者には注意するようにしてください。

料金が安過ぎる・不明瞭

水道修理業者を調べると、「激安」「無料」といったことを主張している業者を見かけることがあります。

相場から大きく外れた価格設定をしている業者に依頼すると、不当なまでの高額な修理代金を請求されるケースがあります。

修理の最低料金が相場よりも明らかに料金が安い時は、明記していない追加料金がかかる可能性があります。

ぼったくりを狙った悪徳業者である可能性を疑って慎重になりましょう。

無料表記なのに請求されるケース

ホームページやチラシでは無料と記載しているのに、料金を請求してくる悪質な業者もいます。

「特殊なケースだった」と言って様々な理由を付けて、追加料金として請求してくる詐欺被害は多くあり、そういうものだとして詐欺被害だとも思っていない方もいます。

ホームページの料金表などを見ると、目立たない形で注釈を記載していることがあり、不親切な設計となっているところも見受けられます。

大手の業者でもわかりにくい記載をしている業者は多く見受けられるので、よく確認しておくことが必要です。

不安な場合は無料見積もりを活用しておくと安心です。

作業が途中で変更・中断され料金を請求される

作業の変更があった場合に、勝手に料金を変更するのも悪質な業者の手口です。

まず見積もりを依頼したら、作業内容や料金の確認を十分に行う必要があります。

必ず再度見積もりを行い、内容を確認しましょう。

この確認を行わないと不正な料金で修理しているケースや不要な修理を含んで料金を高額に設定されてしまうかもしれません。

再度見積もりや追加の修理に高額な料金が発生した場合には、一旦キャンセルするのがおすすめです。

かなり悪質なケースですが、作業を業者側の判断で中断した場合にも関わらず料金を請求してくることもあります。

万が一に備えてキャンセル料についても依頼前に確認しておくと良いでしょう。

自宅で排水つまりを修理する方法

自宅で排水つまりを修理する方法 自宅でつまり修理をする場合は道具を自分で使用して直すのが主流になります。

簡単そうに見えて注意しては使わなくてはいけない道具もあります。

使い方がわかっていても、以下の点に気をつけて使うようにしましょう。

ラバーカップ(スッポン)を使うとき

ラバーカップ(スッポン)は比較的簡単に扱える道具です。

トイレ掃除で使われることが多く、使い方もイメージしやすいのではないでしょうか。しかし、そんなラバーカップにも使用する上で注意しなくてはいけないポイントがあります。

それはラバーカップの使用時に、水が飛び散る可能性があるということです。ラバーカップを使用するイメージのあるトイレの場合は、特に汚水が飛び散る危険性があります。

汚水が飛び散ってしまうと片付けの際に手間がかかってしまうので、注意が必要となります。

飛び散っても良いようにビニールや新聞紙を活用し、壁や床を養生しましょう。

ワイヤーブラシを使うとき

つまりの解消に使う道具としてワイヤーブラシも有名な道具の一つです。
このワイヤーブラシを使う時は、無理に力を入れて排水管を傷つけないようにしましょう。

つまりを解消できる強力な道具の一つですが、力任せにつまりを直そうとすると排水管が傷ついてしまい、排水管の劣化の原因になります。

修理が難しいと感じたら潔く自宅での修理を諦め、業者依頼するようにしましょう。

また、排水ホースは排水管よりも簡単に傷ついてしまうので、排水ホースには利用できない点にも注意しましょう。

液体パイプクリーナーを使うとき

液体パイプクリーナーは入れて待つだけでつまり解消をしてくれる便利なものです。

液体パイプクリーナーを排水口から入れて、30~1時間程度でつまりの原因を溶かしてくれます。

そんなパイプクリーナーは、使う場所によって種類が分かれています。

正しく使わないと排水管が傷み、トラブルの原因にもなるため、使う前に使用方法を確認することをおすすめします。

どんな時なら業者に依頼した方が良いのか

どんな時なら業者に依頼した方が良いのか 初めて水のトラブルに遭った時、業者に依頼すべきかどうかわからないことが多いです。

もちろん気軽に見積もり依頼をして問題ありませんが、気が進まないという方も少なくありません。

そこで、ここからは業者を呼んだほうが良いケースについて紹介していきます。

状態が酷い

最初に挙げられるケースは状態が酷い場合です。

排水つまりで例えるなら水がほとんど流れないようなケースを指します。

この場合は簡単にはつまり解消できないことがしばしば。一応ご自宅で修理を試みてから業者に依頼してみましょう。

ただし、無理に自宅で作業をすると悪化を招くこともあるので、無理はせず業者に依頼して直してもらうことも視野に入れておきましょう。

建物全体で水の流れが悪い

家全体で水の流れが悪い場合は、排水管の届かないような場所でつまっているか排水マスといった部分のつまりが原因かもしれません。

その場合は自分で判断せず業者を呼ぶようにしましょう。排水マスの状態が確認できる場合は確認してみても良いでしょう。

マンションやアパートにお住いの方は、まず建物の管理者に連絡しておくと安心でしょう。

トラブルの原因がわからない

トラブルの原因がわからない場合も、水道業者を呼んで調査を依頼しましょう。

原因がわからない場合に限らず、困ったらとりあえず業者に調査を依頼してしまって問題ありません。

その際はぼったくり業者等に気をつけて、無料見積もりを行ってくれる業者に依頼してみましょう。見積もりの段階でつまりの原因や修理方法、料金の内訳等について聞くことができます。

まとめ

排水つまりの修理の際に避けたい業者の特徴や、自宅でできる修理方法について紹介してきました。

自宅で修理が難しいこともあるので、その時は無理に自力で直そうとはせず業者に依頼することも大切です。

修理しようとして症状を悪化させてしまい修理料金が何倍にもなってしまったというケースも存在します。

困った時には見積もり無料の業者に依頼し、状態の調査や修理業者同士の料金比較に役立てましょう。