水漏れ修理業者徹底比較

全国の水漏れ修理業者を比較、選び方まで解説。

運営会社
よくあるご質問

ラバーカップで排水管のつまり解消するには?間違った使い方に要注意

トイレやキッチン、お風呂場のように毎日使うような場所ではつまりは簡単に起きてしまいます。

排水管がつまってしまうと水の流れが悪くなり、使い心地が悪くなってしまいます。一時的なものならば良いですが、つまりは放置してしまうと悪化することがほとんどです。

そんな時、つまり解消のために使うのがラバーカップです。
今回は排水管がつまってしまった時に使用するラバーカップについて紹介していきます。
admin

この記事は比較ランキング運営事務局が執筆しています。

ラバーカップとは

ラバーカップとは ラバーカップとは排水つまりを直すために利用する器具のことを指します。

スッポンとも呼ばれ、トイレ掃除の際によくイメージされますが、実際はつまりが発生した時に使う道具です。

排水口にカップの部分を押し当てて、圧力でつまりを解決します。まずは使い方について紹介していきます。

ラバーカップにも種類がある

ラバーカップに種類があることはご存知でしょうか。

単純にサイズが異なる場合もあればトイレの洋式用と和式用でラバーカップの形状が異なります。

洗面台等で使う場合は小さなラバーカップを使い、トイレ等の排水口が大きいものには少しサイズの大きいものを使用します。

和式用はよくイメージされるスッポンなのに対して洋式用のラバーカップは底に出っ張りがあり、洋式トイレにも使いやすいようにデザインされています。

ご家庭で使っているトイレに合わせてラバーカップを買いましょう。

ラバーカップの使い方

ラバーカップを使うときの簡単な流れは以下の通りです。

  1. 止水栓を閉める
  2. 必要なら便器の水を抜く or カップ部分が水に浸る程度に水を入れる
  3. ビニールや新聞紙で水が飛び散っても良いように養生する。
  4. 排水口とは別の部分で排水管につながっている部分を塞ぐ(オーバーフロー口等)
  5. ラバーカップでつまりを解消
  6. バケツで水を流してつまりが解消されたか確認する
  7. 止水栓を開けてレバーでも水を流してみる


以上の流れでラバーカップを使えば簡単につまりを直すことができます。ラバーカップを使う際はゆっくり押し込んで力強く引き抜くのがコツです。

勢いよく押し込んでしまうと排水管を傷める原因にもなるので、必ず引き抜くイメージで使うようにしましょう。

ポンプクリーナーとの違い

ラバーカップに似たようなものにポンプクリーナー(真空式パイプクリーナー)があります。

ラバーカップと同様にサイズさえ合っていればトイレや洗面台等どこにでも使えます。

最も違う点はハンドルが付いているという点です。

ポンプクリーナーはこのハンドルを押し引きして使います。

ラバーカップより水が飛び散りにくいほか、圧力を利用して強力なつまり解消の効果が見込めます。

ただし、ラバーカップよりも料金が高いので、安く済ませたい時には少し悩んでしまう料金かもしれません。

ラバーカップを使ってはいけないケース

そんな便利なラバーカップですが、使ってはいけないケースもあります。

それは固形物がつまりの原因の時です。

トイレットペーパーのように水に溶けるものであればラバーカップでの修理がおすすめですが、アクセサリー等を落としてしまったという場合は使用を控えるようにしましょう。

ラバーカップで手前に吸い出すことができる場合もありますが、奥に流れてしまうと高い修理料金がかかってしまいます。

固形物が自力で取り除けない場合は業者に修理依頼しましょう。

場所別!排水つまりの原因

場所別!排水つまりの原因 排水管のつまりを直す際には、排水管がつまる原因をある程度知っておくとスムーズに対応ができます。

排水つまりは比較的頻繁に起きる水トラブルです。

原因を知っているだけでも違うので、場所別によくあるつまりの原因を解説していきます。

トイレつまりの原因

トイレつまりの主な原因は、トイレットペーパーの流し過ぎであることが多いです。

他にも水に溶けないものを流してしまい、つまらせてしまうケースもよく見受けられます。

特に固形物が排水路に留まっているのが原因でつまりが起きるケースは注意が必要です。

排水管の太さにもよりますが、小さなアクセサリーを落としただけでもつまりの原因になる可能性も大いにあります。

トイレは排水路がS字型になっていて、S字のカーブしている部分に物がひっかかりやすい構造になっています。

固形のものをトイレに落とした時はそのままにしないようにしましょう。

キッチン・シンクのつまりの原因

よくあるキッチン・シンクのつまりの原因は油や汚れが排水溝内で溜まってつまりの原因になるケースです。

キッチン・シンクのつまりの原因の多くが、シンクに流した油や食べカスが固まり、排水溝に留まってしまうケースです。

最初は汚れが留まっているだけで、水の流れを大きく阻害することはありません。

しかし、月日が経過すると徐々に固まって水の流れをせき止めてしまいます。

特に長年使っているキッチンで起きる可能性が高いので注意が必要です。

つまりは悪臭の原因になることもあるので、普段から油や食べカスを流さないように工夫してつまりを防ぎましょう。

お風呂場のつまりの原因

お風呂場のつまりの主な原因は、流した髪の毛や石鹸カスです。

髪の毛や石鹸カスが排水管内に溜まって水の流れをせき止め、つまりが引き起こされます。

お風呂場のつまりで最も多い原因となっていて、軽度のものなら誰しもが経験したことがあるのではないでしょうか。

特に長い髪は排水溝につまりやすく、汚れが絡みついてつまりの原因になりやすいです。

簡単な対処法としては、ヘアキャッチャーを排水口に設置して髪の毛が排水管に流れるのを防ぐようにしましょう。

ヘアキャッチャーだけでもつまりが起きる可能性は大幅に下げることができます。

業者を呼んだ方が安上がりになることも

業者を呼んだ方が安上がりになることも 初めて水回りのトラブルに遭った時、業者に依頼するのが不安な方も多いです。

悪質な業者が存在すると知っていれば、こういったトラブルで業者を呼ぶことにそもそも抵抗がある方も居て不思議ではありません。

しかし、基本的には業者を呼んだ方が早くて確実ではあります。

料金はかかりますが、自分で修理することと違い失敗もなく手間もありません。

自力で修理しようとして悪化してしまったというケースは決して珍しくはありません。

まずは無料の業者に見積もりを依頼してみることをおすすめします。

どんな業者を選べば失敗しないか

今まで業者に依頼したことがない場合は、どのように業者を選べば良いかわからないことでしょう。

まず修理料金に関しては、基本料金が5000円前後であれば相場通りの料金設定と言えるでしょう。

状態によって料金が変わってくるので一概には言えませんが、不自然に安い業者には依頼しないことをおすすめします。

追加料金が多くかかり、最終的に高い料金を請求してくる業者の可能性があります。

そういった、悪質な業者を避けるためには複数の業者に見積もりを依頼してみましょう。

見積もり内容やスタッフの対応を見て業者を選べるので、初めての方ほどまずは比較見積もりが大切です。

その際に見積もりが有料の業者に依頼してしまうと、修理前に料金がかかりすぎてしまうことも。

そんな事態にならないためにも見積もり無料の業者を選ぶようにしましょう。

まとめ

ラバーカップを使った修理やつまりの原因、業者の選び方について紹介してきました。

最後に紹介した通り、自宅で修理が難しい場合は業者に依頼が必要なケースもあります。

自力で直すことができるのが一番安上がりではありますが、症状を悪化させてしまえば、さらに高い料金で修理を依頼しなくてはいけないというリスクもあります。

困った時にはまずは見積もり無料の業者に見積もりだけでも依頼してみましょう。