水漏れ修理業者徹底比較

全国の水漏れ修理業者を比較、選び方まで解説。

運営会社
よくあるご質問

トイレ修理のぼったくりに注意!適性料金で依頼するには

電卓とお札画像
トイレの故障や水漏れは比較的起こりやすい水トラブル。 一軒家はもちろん、定期的なメンテナスが入るマンションやオフィスでも起きる可能性があります。 トイレは毎日使う場所、使えなくなってしまったらできるだけ早めに修理をお願いしたいですよね。 そんな時、あまり調べないままで水道業者を探してしまうと、悪徳業者に騙されて、ぼったくり被害に遭ってしまうかもしれません。 悪徳業者にぼったくりをされないために、優良業者を選ぶためにはどうすればよいのでしょうか。 詳しく解説していきます。

水道業者の選び方とは?ぼったくり被害に備えよう

業者男性 悪徳業者に引っかからないための水道業者の選び方は、いくつかポイントがあります。 今回はその中でも簡単に気をつけられる大切なポイントを紹介するので、どういったことに気を付けるべきか覚えておきましょう。

修理料金相場を確認・比較する

まず、修理や交換依頼をする内容ごとに料金を事前に把握しておくことがぼったくりの対策になります。 近年は、水道業者がホームページ上に大体の料金一覧を掲載していることが多いです。 気になる業者の料金表を見比べて、相場がどれくらいなのかを知った上で業者を選ぶようにしましょう。 相場と比べてあまりに修理料金が安い業者は追加料金で大幅な値上げを図ってくる場合があるので、要注意です。 もちろん、異様に設定金額が高い業者に依頼する必要もありません。 見積もりの段階で明確な料金を提示してくれる業者で、料金が相場から離れすぎていない業者を選ぶようにしましょう。

業者の実績・創業年数に注目

水道業者としてどの程度の実績があるのかは、確認しておきたいポイントです。 水道修理対応の実績等に関しては、業者側のセールスポイントにもなるため、多くの場合、ホームページなどで確認できます。 また、実績と一緒に創業年数も確認しましょう。 創業年数が長ければ、それだけの期間利用者がいるということです。 悪徳業者はすぐに悪評が広がり、それほど長く続けられる業者はほとんどありません。 気になる業者は、実績や創業年数も比べるようにしましょう。

ネットの口コミを参考にしてみる

無意識にやっている方も多いかもしれませんが、水道業者選びをする時には、インターネット上で口コミもチェックも行っておくのが良いでしょう。 口コミからその業者のサービスに関する客観的な意見を知る機会になります。 もちろん、全ての口コミが信用できる情報ではありませんが、利用する前に目を通しておくとある程度は安心できます。 ただし、不自然に良い口コミしかない場合や、悪い口コミしかない場合には、自演やサクラを疑った方が良いかもしれません。

ぼったくりを企む悪徳業者の特徴・その手口とは?

通帳と印鑑 ここまで水道業者を選ぶポイントについて解説してきました。 ここからは、ぼったくりを企む悪徳業者にはどのような特徴・手口が多いのかについて紹介していきます。

表示料金が安過ぎる

まず特徴の一つとしてあげられるのが、ホームページ等で表示されている料金が安過ぎるということです。 安いという理由だけで選んでしまうと、作業後に追加料金が発生したり、明らかに法外な料金を請求されたりする可能性もあります。 こういった業者は説明なしに追加料金を発生させて修理料金を跳ね上げてくるので、契約書にサインしないように要注意しましょう。 また、前述の通り、各水道業者の料金を確認し相場を知った上で業者に依頼することで、この手口を使う業者は避けることができます。

修理・交換を強引または脅迫半分で勧めてくる

こちらは悪徳業者に多い手口で、何でも修理や交換を迫ってくる場合は注意が必要です。 もちろん、本当に交換が必要な場合もありますが、あまりに執拗に依頼箇所以外の交換や無駄なオプションをつけたがる業者は疑った方が良いでしょう。 また、巧妙な手口で「今修理しないと大変なことになりますよ」といったような脅迫に近い内容で修理を迫ってくる業者脅迫に近い内容で修理を迫ってくる業者にも気をつけましょう。 もし、気になる場合は一度その修理は保留にして他の業者に見積もりをお願いしてみるのがおすすめです。

見積もり無料の表記にも関わらず料金が発生した

見積もり無料と書いてあったのに実際は無料でなかったという場合もぼったくりの可能性があります。 特定のケースで有料になることを表記していない場合や表記があってもわかりにくい場合は注意が必要です。 しっかり料金体制を確認の上、電話で見積もり無料かを確認してから見積もりに来てもらうことが大切です。

作業が完了していないのに請求が発生した

作業変更があって作業が完了せず中断した場合には明記や言及がない限りは請求してくることはありません。 見積もりの修理内容では修理が難しく、より高額の修理代がかかる作業となった時にキャンセルをしたといったケースでは、基本的には料金は発生しないと考えましょう。 事前に提示さてれていなかった料金は支払う必要がないと肝に銘じましょう。

水道局員を装った訪問販売

頼んでもいないのに、いきなり訪問してくる水道業者には注意が必要です。 基本的に、水道局は水トラブルの勧告等を電話やはがきで行ってくれることはあっても、いきなり訪問してくることはまずありません。 あくまでも水道管理は個人のものであり、いきなり水道局が調査に入るようなことはありませんので、水道局とは関係ないところからの訪問販売である可能性が高いです。 こちらも不要な修理や交換を勧めてくるので、依頼は避けるようにし、玄関前で一度お帰りいただくように言うのが得策です。

企業情報が明記されていない

ホームページ等に本社情報が明記されていない場合も注意が必要です。 企業情報がないと、責任の所在を曖昧にされてしまい、最悪の場合お金だけ取られて責任を取ってもらうことができなくなることもあります。 依頼の際はしっかりと住所や電話番号、代表取締役といった企業情報が明記されている業者を選ぶようにしましょう。

サインを執拗に要求する

サインして契約するということは、よっぽどのことがない限りは拒否できなくなってしまいます。 勢いに任せてサインをさせて来る業者が散見されますが、まずはサインをして良いのかしっかりと見定める必要があります。

ぼったくり被害を避けて優良水道業者を選ぶために

両手を広げた女性 トイレの修理でぼったくり被害に遭わないために優良水道業者を選ぶ一番の方法は、実際に電話・見積もりをお願いしてみることです。 相談や見積もりが無料の業者に依頼することで料金を抑えつつその業者が信頼できるかどうかも確認することができます。 まずは電話で見積もりが基本的に無料であることを確認し、見積もり無料の業者に依頼してみるのが良いでしょう。

まとめ

水漏れ業者にトイレ修理を依頼するときには、ぼったくりを企む悪質な業者に注意が必要です。 トイレ修理を行っている業者のなかには、一部ですが悪質な業者も存在するのも確かです。 こういった悪徳業者に修理を依頼してしまえば、高額な費用を請求され、ぼったくり被害に発展しかねません。 他にも簡単な修理で済むはずなのに、いつの間にか依頼していない施工が行われ、高額な代金を請求されてしまうケースも。 今回の記事の内容を参考にして、申し込み時に業者の料金やその相場、サービス内容をよく確認しておきましょう。