水漏れ修理業者徹底比較

全国の水漏れ修理業者を比較、選び方まで解説。

運営会社
よくあるご質問

こんな時は要注意!トイレつまりを自分で解消する際の注意点

こんな時は要注意!トイレつまりを自分で解消する際の注意点
トイレつまりが発生した際に、業者を呼ぶ前に自分で解消したいという方は多いのではないでしょうか。

トイレつまりは、自分で直すことができますが、素人が手を出すことによって逆に状況を悪化させてしまう場合もあります。

この記事では、トイレつまりを自分で解消する方法や、自分で直すべきない場合、修理業者選びの注意点についてお話ししていきます。

トイレつまりの主な原因

トイレつまりの主な原因 トイレつまりは何が原因で起こることが多いのでしょうか。

代表的なトイレがつまる原因を紹介します。

大量のトイレットペーパーを流した

本来であれば水に溶けるように作られているトイレットペーパーも、一度に多くの量を流してしまうと、トイレつまりを引き起こす可能性があります。

特に、普段からトイレットペーパーを小洗浄で流している場合は要注意です。

小洗浄の水圧では、トイレットペーパーを流すのに十分な水圧が生じず、つまってしまうケースもあります。

水に溶けない紙製品を流した

ティッシュペーパーなど、水に流す用に作られていない紙製品は水に溶けないため、トイレに流すとつまりの原因になります。

特に、紙ナプキンや紙おむつ、吸水パットなどの、吸水性の高い紙製品がトイレにつまった場合は厄介です。

吸水性の高い紙製品は、時間が経つにつれて便器の中の水を吸い上げ、元々の大きさの何倍にも膨れ上がってしまいます。

水を吸収して膨張した紙製品は、取り出すことが困難になるだけでなく、共有部分の水道管に流れてしまうと更なるトラブルを起こし兼ねません。

水溶性でない紙製品によるトイレつまりには、迅速な対応が必要です。

固形物を流した

スマートフォンなどの機械類や眼鏡、スポンジやおもちゃ、インテリア用の置物といった固形物を、トイレの便器の中にうっかり落としてしまうことも少なくないでしょう。

落とした固形物が目で確認できる場所にあるのであれば、取り除くことも困難ではありません。

しかし、便器の奥の方まで流れてしまったという場合は、固形物をさらに奥に押し込まないように慎重に作業をする必要があります。

トイレつまりの主な解消法

トイレつまりの主な解消法 トイレつまりは主にどういった解消法があるのでしょうか。

代表的なトイレつまりの直し方を紹介します。

トイレットペーパーによるつまりの解消法

水溶性のトイレットペーパーによるつまりは、お湯を使って解消できる可能性があります。

熱湯は便器の破損につながる恐れがあるので、便器の半分ほどの量の45度前後のぬるま湯を使いましょう。

最初に便器の水を汲み出し、量を減らしてから、ゆっくりと2~3回に分けて便器内にお湯を注ぎます。

それから1時間ほど放置し、トイレットペーパーが溶けるまで待ちましょう。

お湯で溶けなかった場合は、重曹1/4カップとお酢またはクエン酸を1/2カップ、そして45度前後のお湯を流し入れて、1時間ほど置きます。

重曹とお酢(クエン酸)を混ぜた場合は便器の中で泡立つので、覚えておきましょう。

時間を置いたら、便器に水を流し入れ、流れるかどうかを確認してください。

水に溶けない紙製品によるつまりの解消法

水に溶けない紙製品をトイレに流してしまった時の対処法として一番望ましいのは、つまった物を取り除くことです。

むやみに水を流してつまったものをさらに奥に押し込んでしまうと、取り出すことがより困難になってしまいます。

目視で確認できる場所につまっている場合は、ゴム手袋やビニール袋を手に装着し、手で直接取り出しましょう。

目に見えない場所につまっている場合は、狭い場所の清掃用器具である、ワイヤー式パイプクリーナーを使い、つまったものにワイヤーをひっかけて取り除く方法もあります。

固形物によるつまりの解消法

固形物を流してしまった場合の対処法は、水に溶けない紙製品の場合と似ています。

固形物をつまらせたことにより焦ってしまうこともあるかと思いますが、水を流すようなことは決してしてはいけません。

固形物が奥へ流され、共有部分の水道管まで行ってしまうと、二次被害を生み出す可能性が高くなります。

固形物が目で確認できる場所にある時は、直接手で取り出しましょう。

目で見えない場所にある場合は、ワイヤー式パイプクリーナーなどを使用してください。

ただし、ワイヤーで上手く取り出せない場合は、無理に自己解決しようとせず、速やかに業者を呼びましょう。

無理に自己解決しようとすると、状況をかえって悪化させる可能性があります。

トイレつまりを自分で解消するべきでないケース

トイレつまりを自分で解消するべきでないケース トイレつまりが起こった際には、迅速な対応が必要な場合もありますが、無理に自分で解決しようとしない方が良いケースも多く存在します。

自分で直そうとして、状況をより悪化させてしまうことがないよう、正しい判断ができるようにしておきましょう。

自分での解消に失敗した場合

トイレットペーパーによるトイレつまりや、落とした異物がすぐそこに見えている場合に自分で解消することは比較的簡単ですが、このコラムでご紹介した解消法を試してみても効果がなかった場合は、速やかに業者に相談することをおすすめします。

特に、水を吸収して膨らむ紙製品の場合は、時間が経てば経つほど、膨張して取り出しが困難になることがあるので、自分での解消が難しいと判断した場合は、業者に連絡してください。

トイレにつまった異物を取り出すのが困難な場合

異物を流してしまい、目には見えない場所につまっていることが予想される場合、パイプ式ワイヤーブラシなどを使って自分で取り出す方法もありますが、その際は慎重なコントロールが必要になります。

コントロールを誤ると、異物をさらに押し込んでしまい、その後の対応が難しくなるというケースもあり得るので、少し試してみて、難しいと判断できるのであれば、専門の業者にお願いするのが安心です。

逆流や水漏れが発生している

トイレつまりによって、便器の水が溢れて逆流している、水漏れしているという状態の場合は、迅速な対応が求められます。

水漏れは、自分の部屋のみならず、隣や下の階の部屋に被害を与えることもあるので、自分でなんとかしようとせず、速やかに専門の業者に依頼しましょう。

緊急トラブルであることを伝えると、最短時間で駆けつけてくれるはずです。

タオルで拭くなどの応急処置を済ませたら、ますは業者へ連絡してください。

トイレの修理業者を選ぶ際のポイント

トイレの修理業者を選ぶ際のポイント いざトイレの修理業者に連絡をするとなると、どういった基準で業者を選べばいいのか迷うことも多いでしょう。

修理業者の中には、安い料金を提示し、優良な業者を装って多額の費用を請求する悪徳業者も存在します。

しっかりとした業者を見極めるポイントをご紹介していきます。

基本料金が不自然に安い業者は避ける

ホームページに載っている料金が、相場の価格よりかなり安い業者も少なくありません。

一概には言えませんが、見た目の料金をとにかく安く設定している業者の中には、出張料やその他の費用で追加料金がかかるなどの料金設定がわかりにくくしてある可能性もあります。

また、最終的な料金について詳しく記載されておらず、見積もりと違う料金を請求されるケースもあるので、基本料金が相場と比べて著しく安い場合は注意が必要です。

水道局指定の業者を選ぶ

ホームページに、水道局指定という記載がある場合は信頼できる業者と言えます。

通常、悪徳業者であれば、水道局指定と認められないからです。

水道局指定の記載があるかどうかも、業者選びの基準にしてみましょう。

作業前に必ず見積もりを実施する業者を選ぶ

優良な業者であれば、作業を開始する前に必ず見積もりをし、依頼者が納得した上で作業を行います。

しかし、中には、ちゃんとした見積もりを出さずに作業を開始する、見積もりの額と請求する額が異なるといった悪徳業者も存在します。

作業前に必ず見積もりを実施し、不明点について説明してくれる業者を選びましょう。

まとめ

トイレつまりは、軽度のものであれば自分で解消することが可能ですが、自分で直そうとすることによって深刻な事態につながる可能性もあります。

被害が大きくなれば、作業時間や料金も高くなってします可能性もあるので、自分での解消が難しいと判断した場合や不安を感じた場合は、速やかに専門の業者に依頼するようにしましょう。