水漏れ修理業者徹底比較

全国の水漏れ修理業者を比較、選び方まで解説。

運営会社
よくあるご質問

トイレが逆流するのは何故?お家でできる対処法について

トイレが逆流するのは何故?お家でできる対処法について
トイレが突然逆流を起こしてしまい、使えなくなってしまってお困りではないでしょうか。

トイレの水が逆流する機会はそう多くないため、どのように対処したら良いかわからない方も多いです。

そこで、この記事ではトイレの水が逆流する原因や対処法、簡単な予防の仕方まで紹介します。

焦ってしまっても一度落ち着いて、適切に対応できるように確認しておきましょう。
admin

この記事は比較ランキング運営事務局が執筆しています。

トイレが逆流する原因

トイレが逆流する原因 トイレの逆流に適切な対処をするためには、原因を確認しましょう。

逆流はいつ起きてもおかしくはないものなので、詳しく解説していきます。

排水管・排水口のつまり

便器の中にある排水路はS字型になっているため、物がひっかかりやすく、トイレットペーパーもつまりやすい場所です。

そのため、トイレットペーパーを大量に流したり、アクセサリー等の固形物を落としたりした場合などは、S字部分でひっかかっている可能性もあります。

そこに一度何かが引っかかってしまうと少しずつ汚れが溜まっていき、トイレの逆流を引き起こします。

胸ポケット等に入れておいたボールペンを落とした、子供が間違っておもちゃを落とした等の場合には必ず取り除くようにしましょう。

また、トイレに置いているインテリアや小物を誤って落としてしまうケースもあります。

人がいなくても地震など振動で落ちてしまうケースもあるので、トイレに小さなフィギュアや置物等を置いている方は、便器へ落ちないように工夫をしましょう。

汚水ポンプ・排水マスのトラブル

家の中だけが原因とは限らず、トイレの逆流の原因は土砂災害や大雨である可能性もあります。


ほとんどの場合、トイレの水は排水マスを通り、下水処理施設に流れていきます。

排水マスの役割は家庭の生活汚水をゴミと水に分けて、水だけを排水管へ送るといったものです。

しかし、土砂災害や大雨がおこると、土砂や大量の水が排水マスに溜まり、水が流れない状態になります。

こうして出口を失った水が逆流するとトイレから水が溢れることがあります。

他にも、生活汚水を集めて、ポンプの力で排水管へ汲み上げるための汚水ポンプという設備が故障したときも逆流の原因となります。

トイレが逆流した時の対処法

トイレが逆流した時の対処法 トイレの逆流が起きた時に家庭でもできることがあります。

原因となるつまりを解消することができれば、多くの場合、逆流も解消することができます。

そこで、ここからはつまりの解消を目指して逆流を止める方法について紹介します。

お湯を流す

お湯を流すことでトイレットペーパーや大きい便など、水に溶けやすいものを流す時に効果的です。

ただし、あまり高温のお湯を使うと、急激な温度変化によって便器にヒビが入ったり破損したりする可能性があります。

使用するお湯の温度は50℃を目安に流すとよいでしょう。

トイレの修理でトイレを壊していてはいけないので、逆流したときは焦らず、適切な温度のお湯を使って対処しましょう。

こちらの方法は効果的ではありますが、水が飛び散る可能性やつまりが解消しきれなかった場合に便器から水が溢れる可能性もあるので、注意が必要です。

道具を使う

道具を使ってつまりを解決する方法もあります。

異物が奥までいっておらず、手前にある場合は、ラバーカップ(スッポン)を使用してみましょう。

トイレの奥の方でつまってしまった場合はワイヤーブラシを利用しましょう。

ワイヤーブラシはトイレの奥につまったものを細かく削り、水を流れやすくすることができます。

ただし、ワイヤーブラシで削れるものは限られるので、おもちゃやインテリア用品など、削るには固過ぎるものには効果が期待できません。

また、無理にワイヤーブラシを使い続けるとトイレや排水管を傷つけたり、症状を悪化させてしまったりすることも考えられます。

そんな時には無理をせず、水道修理の業者に依頼するようにしましょう。

重曹を使う

こういった道具がない場合にも、重曹とお酢でもつまりを解消することができる方法があります。

トイレつまりの原因がトイレットペーパーなどの水に溶けやすいものである場合に試してみてください。

重曹とお酢を使ったつまり解消法は以下の通りです。

  1. 便器内の水をくみ取る
  2. 重曹を便器の穴に入れる
  3. さらにお酢またはクエン酸を入れる
  4. 50℃のお湯を便器の半分まで入れる
  5. 1時間放置する
  6. バケツに水を入れ、腰くらいの高さから便器の穴に少しずつ流す
  7. トイレのレバーを引いて水を流す


これで、つまりが解消しない場合は、水に溶けにくいものが原因でつまっている可能性があります。

パイプクリーナーを使う

この方法は、排水管洗浄のパイプクリーナーがある場合に試してみるとよいかもしれません。

パイプクリーナーには紙を分解するための成分が含まれています。

他にも、髪の毛や石鹸カス、食べ物残しといった汚れの原因を溶かす効果が期待できます。

ただし、パイプクリーナーには用途によって種類があるため、トイレに使ってよいものかをしっかり確認してから使用しましょう。

災害時の逆流は自宅で対処できない

土砂くずれや大雨といった災害によってマンホールに大量の雨水や泥が流れ込むと、逆流を引き起こすことがあります。

こうした場合、マンホールや下水を管理する自治体の対応を待たなければいけませんが、早急な修繕が必要な場合、水道業者に依頼するのがおすすめです。

災害が原因で起きた逆流の処理には、専門的な知識や技術力が必要です。

国家資格や水道局からの許可が必要になる作業を伴うので、こういった場合はご自分でなんとかしようとはせず、業者に依頼しましょう。

トイレの逆流による被害

トイレの逆流をそのままにしてしまうと、トイレや廊下などが水浸しになってしまいます。

逆流の程度によっても変わりますが、台風や豪雨といった自然災害で大きな逆流を起こしてしまうと家中水浸しになってしまうことも。

床の木材や壁紙などがトイレの汚水で汚れると腐食などを起こりやすくなります。

また、下水の臭いが染みついてしまう可能性もあり、中にはリフォームしなくてはいけない箇所も出てきてしまうかもしれません。

トイレから逆流した下水が目や傷口などへ入ってしまうと、感染症等の危険性もあり、衛生的にもよくありません。

自然災害の場合はある程度諦めがつくかもしれませんが、つまらせてしまった場合でも起こりうる可能性があるので、ある程度は予防できるようにしておきましょう。

つまり・逆流の予防法

つまり・逆流の予防法 つまり・逆流を予防するには、普段から適切な量の水を流すことが大切です。

つまりの原因に多いのが、節水を目的として流す水の量を減らしてしまうケースです。

そうしてしまうと、流れるはずだったものが水の勢いが足りずに流れなくなってしまい、つまりを引き起こしてしまいます。

また、トイレの中に異物を落とさないように気をつけることも大切です。

トイレの中に落ちてしまうものが周りにないか確認してトイレを使用するようにすればグッとトラブルを引き起こす確率が下がります。

間違った節水をしない、水に溶けないものは流さない、トイレットペーパーを一度にたくさん流さないことを心がけましょう。

まとめ

トイレの逆流はご自宅で対処できるケースとできないケースがあります。

原因が既に分かっていて、ご自分で対処できそうなときは、今回説明した方法を試してみましょう。

しかし、時としては無理せず業者に連絡したほうが良いこともあります。

無理にご自分で直そうとして、トイレつまりの原因がさらに奥にいってしまったり、水を溢れさせてしまったりなど、症状を悪化させる危険性もあります。

プロに任せた方が安全なことが多いので、少しでも難しいと思ったら修理の依頼をすることが大切です。

業者に依頼する際には見積もり無料の業者に依頼し、その中で複数の業者を比較して検討してみるとより良い業者を選びやすくなるので、ぜひ気になる業者をいくつかチェックしてみてください。