水漏れ修理業者徹底比較

全国の水漏れ修理業者を比較、選び方まで解説。

運営会社
よくあるご質問

排水管のつまり修理にかかる料金は?つまりの原因について

排水管のつまり修理にかかる料金は?つまりの原因について

排水管がつまってしたまった場合、原因を探ってみたり、修理できないか方法を調べてみたりしている方も多いでしょう。

しかし、排水管のつまりは、必ずしも自力で修理できる訳ではありません。

多くの場合は、水道修理業者へ依頼するのも大切です。

そこで気になるポイントといえば、排水管のつまり修理料金ではないでしょうか。

水道工事は利用する機会が少ないため、料金相場や内訳などが分からない方が多いのも不思議ではありません。 そこで、この記事では排水管つまりの料金相場やつまりの原因、自宅でできる直し方について分かりやすく紹介していきます。
admin

この記事は比較ランキング運営事務局が執筆しています。

排水管つまり修理の料金相場

排水管つまり修理の料金相場 排水管つまり修理の料金相場は、5,000円~20,000円となっています。 料金相場に幅があるのは、つまりの原因やつまり箇所によって価格が変動するためです。 簡単につまりが解消できる状態であれば、比較的安い料金で済みます。 しかし、高圧洗浄機といった、専用器具による作業などが必要の場合は、10,000円~20,000円程度かかると思っておきましょう。 見積りを取る際は、料金相場を参考に考えてみるのも大切です。

排水管つまりの主な原因

続いては、排水管つまりの主な原因を紹介します。 原因を知ることで予防にもつながるので、ぜひ抑えておきましょう。

異物を流してしまった

異物を流したり落としてしまったりしてしまうのも、排水管つまりの主な原因になります。 排水管をつまらせるような大きなものや水に溶けないもの等は流さないようにしましょう。

流す水の勢いが弱い

主にトイレの排水管がつまってしまう原因の1つが、流す水の勢いです。 流す水の勢いが弱いと、トイレットペーパーや排せつ物を適切に押し流すことはできません。 そのまま流れず、つまりの原因となってしまうことも。 水流・水圧不足に身に覚えがなくても、タンク内の部品が破損していると水の勢いが弱くなっているかもしれません。

排水管がつまりやすい場所

排水管がつまる原因について解説しましたが、排水管は屋内のあらゆる水まわりにあります。 キッチンや浴室、トイレ等でつまりの原因や頻度が違ってくるので、それぞれの場所における詳しいつまりの特徴について解説します。

キッチン

キッチンの流し台がつまる主な原因となるのが油汚れです。 フライパンやお皿などについたりした油を洗い流すと、排水管に流れてしまいます。 油は冷やされると固まる性質があり、下水道にたどり着く前に、配管にこびりついてしまうことも。 一度でつまりを起こしてしまうことはなくとも、それを何年も繰り返していると、排水管つまりの原因になるのです。

浴室

浴室の排水管をつまらせる主な原因は髪の毛や皮脂の汚れとなります。 シャンプーをしたときには、少なからず髪の毛が抜けるものです。 排水管がきれいなら、ある程度の髪の毛であれば下水道まで流れていきます。 しかし、皮脂汚れによって雑菌が発生しヌメリが出てくると、そこに髪の毛が引っかかりやすい状態になります。 その髪の毛に対してまた皮脂汚れがからまり、つまりの原因となります。 特に家族で暮らしている場合や髪の長い女性の場合は注意が必要です。

洗面台

洗面台が詰まる場合も髪の毛が主な原因です。 洗面台でシャンプーをしたり、髪の毛のセットをしたりすると、抜け毛が排水口に流れてつまりを引き起こします。 また、ピアスのような小物を落としてしまうと、それが排水管内部に残ってしまうと髪の毛が絡まりやすくつまりの原因となります。

洋式トイレ

洋式トイレがつまる原因として多いのは、大量のティッシュペーパーや便を流してしまったケースです。 和式のトイレは構造上ほとんどつまりが起きませんが、洋式トイレは注意が必要です。 通常使用では簡単につまることはありませんが、水の勢いが弱い場合に大量の紙や排泄物を流しきれない場合につまりが起きます。 また、誤って落としてしまった小物などの固形物もつまりの原因になります。 小さなお子さんが、おもちゃを流してつまらせてしまったということもあります。

自宅でできる?排水管つまりの直し方

自宅でできる?排水管つまりの直し方 排水管や下水のつまりや水漏れを業者に依頼して直すと、高額な費用が発生することもあります。 そこで、自分でつまりを直すことは可能なのでしょうか。 もし、つまりや水漏れの原因箇所を自分で特定できるのであれば、DIYでの修理ができる可能性はあります。 ここからは、自宅でできる排水管つまりの直し方について解説していきます。

ラバーカップを使う

トイレつまり修理でよく見かけるのがラバーカップです。 ラバーカップを使用する時は、まず床にシートや新聞紙を敷き、便器の水位を下げておくことによって便器の水の飛び跳ね対策をします。 次にラバーカップを排水口へゆっくり押し込み、勢いよく引き上げる作業を何回か繰り返します。 最後にバケツで水を流し、つまりの状態を確認します。 この時、間違ってタンクの水を流さないよう注意が必要です。 つまりを解消していない状況で、水量や水の勢いを強くできないタンクの水を流すと、つまりが流れず便器から水があふれる危険性もあります。

専用のワイヤー・パイプクリーナーを使う

ワイヤーは、排水管を洗浄できる掃除道具です。 様々なつまりにも活用できるのが特徴で、作業方法も比較的簡単です。 その使い方は、ワイヤーを排水口から排水管へ差し込み、ハンドルを回してワイヤーを伸ばすのみです。 つまっている部分に到達したら、ワイヤーを回しながら洗浄もしくは異物を便器まで引き上げていきます。 また、薬剤パイプクリーナーはつまりの原因に合わせて、いくつかの種類があります。 キッチン用であれば油汚れを溶かす成分、浴室用や洗面所用であれば髪の毛や雑菌を溶かす成分が入っています。 そのため、つまりが発生した箇所ごとに使い分けることが必要です。

修理はプロに任せるのが安心

修理はプロに任せるのが安心 自宅で修理した場合に気をつけたいのは、自分で直してもすぐにまた再発する可能性・状態が悪化する可能性があるということです。 先ほど紹介した、ワイヤーやパイプクリーナーも使い方次第では排水管を傷めてしまう危険性があります。 また、排水管の奥の方でつまりが起きている場合やそもそもどこが原因でつまっているかわからない場合には、自宅で修理するすべはなく、業者に依頼するしかありません。 できるだけ早くプロの業者に修理してもらうようにしましょう。

まとめ

自力で排水管つまりを解消できない時は、できるだけ早い段階で水道修理業者へ依頼するのが大切です。 悪化しているほど修理料金は高くなるため、早めに依頼することで安く済ませることにも繋がります。 また、水道修理業者へ依頼する時は、料金相場からかけ離れていないか確認しておくことで思いがけないほど料金が高くなるということもある程度は防ぐことも可能です。 今回の記事の内容を参考に、つまりの原因を理解し、つまりの予防法を実践することでつまりが起きるのを防ぐことはできるので、ぜひ活用してみてください。