水漏れ修理業者徹底比較

全国の水漏れ修理業者を比較、選び方まで解説。

運営会社
よくあるご質問

給湯管から異音?その原因と対処法について

お湯は毎日使用するもので、生活には欠かせないものです。

そのお湯を使うときに、「ゴーンゴーン」や「ドンドン」と表現されるような鈍い音が聞こえてくる家庭があります。 これは給湯管から鳴っている音と考えられます。

原因不明の異音が長く続き、不快感や恐怖感を持たれる方も少なくありません。

今回はその給湯管の異音の正体について解説します。
admin

この記事は比較ランキング運営事務局が執筆しています。

給湯管から異音がする原因

上述したような低く鈍い異音は、お湯を使っているときにだけして、水を使うときには特に聞こえないことがあります。

また、音がなる場所が家中に響いて特定しづらいため、お湯の使用によって異音が起きているのかすぐには分かりません。

では、なぜお湯を使用した時だけ異音がするのでしょうか。

それは、水道配管と建築資材が密着しているのが原因です。

給湯管にお湯を流すと、お湯の熱により配管が少し膨張します。

それを考慮して配管の膨張した部分と配管周りの建築資材が接触しないよう、配管の直径より少し大きめに建築資材に穴をあけるのが普通です。

しかし、建設時のミスで膨張前の配管の直径に合わせて穴をあけてしまったがために、配管と建築資材が密着した状態の家があります。

そうした家では、配管が膨張したときに膨張した配管が建築資材に当たって鈍い音が出るのです。

お湯を使ったときに聞こえる異音の正体は、配管と建築資材がぶつかり合っている音なのです。

これは、家の壁や床の中で起こっている話なので、普通に生活していては見ることができません。

どうして家中で音がするのか

家中の配管に音が響いてしまうのはどうしてなのでしょうか。

配管周りの建築ミスが家の中で一箇所であっても、配管は家中に張り巡らされている上に全てが繋がっています。

そのため、一箇所で発生した音は配管をつたって、家中に音が響いてしまうのです。

該当箇所とは全く違う場所で音が聞こえたりする事態になってしまうため、お湯を流した時に異音がする仕組みになっています。

ウォーターハンマー現象

給湯管の異音かと思ったら給湯器が原因で異音がしていたというケースも存在します。

それがウォーターハンマー現象です。

別名「水撃作用」と表現されることもある現象で、水道管内部を通る水が急激な圧力の変化が原因で内部で激しくぶつかりあって異音が起きます。

まるで水道管をハンマーで叩いたような音が出ることからこの名前が名付けられました。

ウォーターハンマー現象は、特に給湯器、食器洗い機、全自動洗濯機で起きやすい現象です。

給湯器が発生源の場合は、キッチンや洗面所、浴室といったお湯を使う場所で聞こえるケースもあります。

ウォーターハンマー現象が起きる原因

異音の原因となるウォーターハンマー現象。

一体なにが原因で起きてしまうのでしょうか。

対策をするためにもまずは原因を確認しましょう。

配管内の圧力変動

蛇口を急に閉めると、水道管内部の圧力が急激に変動します。

特に、レバーで上げ下げするタイプの蛇口は一瞬で水を止めることができるため水道管内の圧力の変化が大きくなりやすいです。

水を急に止めると、流れていた運動エネルギーが行き場を失って水道管内の圧力を急激に上昇させます。

それが水道管の固有振動と共振して衝撃音が発生することで、ウォーターハンマー現象の原因となるのです。

水柱分離

ポンプを使って水をくみ上げて流す水道管の場合はポンプが急停止することで圧力が大きく変化することがあります。

これを水柱分離といいます。

全自動洗濯機や食器洗機を使用していて起きるウォーターハンマー現象の多くは、これが原因です。

水撃防止器の劣化

ウォーターハンマー現象という現象が頻繁に起きないのには理由があります。

それは水撃防止器というものが水道設備として設置してあるからです。

しかし、この水撃防止器が劣化・故障してしまうことで、ある日突然ウォーターハンマー現象が起きることがあります。

ある日突然、異音が聞こえるようになったという場合は水撃防止器の劣化か故障を疑うようにしましょう。

異音が引き起こす被害

ウォーターハンマー現象の衝撃はかなり強力なものとなっています。

配管の同じ場所で頻繁に起きた場合、配管が破損してしまうこともしばしば。

また、給湯器でウォーターハンマー現象が起きた場合、給湯器の故障を招くこともあります。

この場合、給湯器本体の交換が必要となり、修理業者に交換を依頼しなくてはいけません。

「音がするだけ」と軽く考えていると、高額な修理費用がかかる可能性があるので、異変に気づいたらできるだけ早く対処しましょう。

ご近所トラブル

水道管で発生した衝撃音はマンションの上下階や近隣住宅にまで伝わってしまうことがあります。

これらの異音が深夜や寝室の近くで発生した場合、かなりのストレスでしょう。

さらに「嫌がらせをされている」と思われてしまうケースもあり、ご近所トラブルに発展した事例もあります。

自分だけの問題ではないかもしれないと念頭に置いておくようにしましょう。

水漏れ

ウォーターハンマー現象の原因となる水道管内の急激な水圧変動は、水道管を振動させます。

この振動やウォーターハンマーの衝撃を長期間にわたって配管に与え続けると、水漏れの原因になります。

壁の中の水道管で水漏れがは気付きにくく、気づいたときには被害の規模が大きくなってしまっていることが多いです。

自分では気づけず、マンションの階下の住人からの苦情で原因に気づくケースも。

このように異音の放置は様々な被害につながってしまいかねません。

早め早めの対処がおすすめです。

異音の対処法

異音が起きる理由はわかりましたが、そのまま放っておくわけにはいきません。

では、どのようにして給湯管の異音トラブルを解決すればいいのでしょうか。

配管のサイズを変更する

それは建築資材と接している配管の径を小さくするしかありません。

しかし、給湯管のような壁の中にあるような配管の交換には専門知識が必要です。

専門的な知識がない場合は自分で解決しようとせず、水道業者を呼び、修理を依頼するのがおすすめです。

水撃防止器を設置する

水撃防止器のような、ウォーターハンマー現象に対応した機器を取り付ける対処法も有効です。

ウォーターハンマー現象の原因となる水栓に水撃防止器を設置すると、水の勢いを吸収し音の発生を抑制してくれます。

原因となる水栓に適切に設置する必要があるので、水撃防止器の設置に関しても専門業者に相談するのがおすすめです。

異音が気になったら調査依頼を

給湯管の異音の原因について紹介してきましたが、先述の通り、専門知識がないと原因箇所の判別が難しいのも事実です。

異音の原因や解決は専門家に依頼するのが一番安全です。

重大な事故や近隣住民とのトラブル等につながる前に、水道修理業者に調査・修理を依頼しましょう。

まとめ

給湯管の異音トラブルは音が鳴るだけの現象のようですが、配管を傷つけ、重大な水漏れトラブルを招いてしまうケースもあります。

原因箇所がわかりづらいこともあるので、困った際は水道業者に依頼すれば確実に解決してくれるでしょう。

気になる業者があれば料金表や実績を確認し、実際に見積もりをしてもらうのがおすすめです。

無料見積もりの業者に依頼すれば無料でいくつもの業者を比較し、納得のいく料金で修理してくれる業者を見つけやすくなります。

まずはホームページ等で業者の情報をチェックし、電話で見積もりをお願いしてみましょう。