水漏れ修理業者徹底比較

全国の水漏れ修理業者を比較、選び方まで解説。

運営会社
よくあるご質問

給湯器の修理費用はどのくらい?交換タイミングも解説

給湯器の修理費用はどのくらい?交換タイミングも解説
日常的にたくさんの場面で重宝する給湯器ですが、その修理費用をご存知でしょうか。 修理費用の相場や何を基準に給湯器を交換すればよいのかは広くは知られていません。 そこで現在、給湯器の交換について悩んでいる方に向けて、その交換費用やタイミングについて紹介していきます。 故障の確認方法についても紹介しているので、「もしかしたら故障かも」と感じた場合はチェックしてみてください。
admin

この記事は比較ランキング運営事務局が執筆しています。

給湯器の修理費用・相場

給湯器の修理費用・相場 早速、給湯器の修理費用の相場について紹介します。 給湯器の修理や交換の費用は、交換部品の価格に工事費用を加算した合計額であることがほとんどです。 それぞれ細かく値段が異なるので、詳しく解説します。

給湯器本体の価格

給湯器を交換する場合、本体の価格が修理費用に大きく関わってきます。 本体の価格に加えて、リモコンの価格も加えた金額が本体費用になることがほとんどです。 基本的には20~40万円程度が本体価格の相場ですが、大幅割引を行っている場合も多く、半額以下に抑えることも難しくありません。 高性能のものやサイズが大きいものであるほど、金額が高くなっていきます。 交換の際にガス代を節約できるモデルの方が後々安くなる場合もあるので、見積もり時によく相談しておくのがおすすめです。

給湯器の工事・交換費用

給湯器の工事や交換にかかる費用の相場は約3~7万円となっています。 この工事の価格相場は既存の機種と同じタイプの交換にかかる費用相場であり、別タイプの取り付けの場合は高額になることがあるので、見積もりをしてもらうようにしましょう。 大まかな費用の内訳は以下の通りとなっているので、見積もりの時に確認するようにしましょう。 ・工事費・取り付け費 ・給湯・ガス・追い焚き管の接続工事費 ・リモコンの接続費 ・出張費 ・既存の給湯器の撤去・処分費 ・点火試験費

追加で費用がかかってしまうケース

給湯器の交換の際に追加で工事が必要な場合には追加で費用がかかります。 追加で工事が必要な例を挙げるので、以下に該当するか確認しておきましょう。 ・給湯箇所を増やす ・給湯器の種類や大きさを変える ・設置様式を変える ・設置が困難な場所の場合 また、エコ給湯器と呼ばれるようなものを新しく導入する場合は排水用の工事が発生する可能性があります。

給湯器の修理・交換のタイミング

給湯器の修理・交換のタイミング 給湯器の修理費用については以上ですが、修理や交換のタイミングがよくわからない方もいらっしゃると思います。 そこで、給湯器の寿命はどれくらいなのか、交換の目安について紹介します。

一般的な給湯器の寿命

一般的な給湯器の寿命はおおよそ8~10年となっていてメーカー等で多少の違いはあっても、大きく逸脱するケースは稀です。 ただし、給湯器の設置されている状況次第では寿命が短くなってしまう場合もあります。 濡れたり汚れたりしやすい環境に設置されている場合や、入浴剤を入れて追い焚き機能をよく使う場合等では寿命が短くなりやすいです。 給湯器の設置環境に気をつけて、入浴剤は追い焚きしてから使うことで給湯器の劣化を防ぐようにしましょう。

給湯器の交換の目安

肝心の給湯器の交換時期ですが、使用を始めてから10年経ったものに関してはなるべく早い段階で交換しましょう。 また、故障した場合も交換のタイミングです。 故障前に交換できることが理想なので、違和感を感じたらできるだけ早く交換するようにしましょう。

給湯器の故障例

給湯器が故障したかどうかの判断は実際に体験したり、調べたりしないとわからないことが多いです。 そこで、ここからは給湯器の故障によくあるパターンについて紹介していきます。

お湯が出ない

まず、わかりやすいのは、お湯が出ないというケースです。 設定温度の通りに水やお湯が出ないという場合は給湯器の故障を疑った方がよいでしょう。 また、お湯が出るまで時間がかかり過ぎる場合も給湯器の経年劣化が原因なので、気になる節がある場合は交換を考えましょう。

水漏れしている

給湯器付近で水漏れしている場合も交換のタイミングになります。 濡れるはずのない場所が濡れている場合は経年劣化の影響で水道管や熱交換器等に損傷がある可能性があります。

給湯器本体から音がする

お湯を使うときに給湯器から「ボンッ」といったような着火音が聞こえるようなら給湯器を交換しましょう。 内部で不完全燃焼を起こしている可能性があります。 一酸化炭素が発生する危険性があるので、使用を中止して、早めに交換するようにしましょう。

給湯器が変形している

給湯器本体が変形している場合も交換が必要な状態です。 外部から衝撃を与えて変形した場合以外だと、内部で水漏れや腐食、ガス漏れといった不具合が起きている可能性が高いです。 使用を続けるのが危険な場合もあるので、変形が確認できた場合は一時使用を中止するようにしましょう。

ガスの臭いがする

ガスの臭いがする時はガス管に亀裂があるか、給湯器内部で不完全燃焼を起こしている場合があります。 どちらの場合も使用を続けるのは危険なので、できるだけ早く修理・交換を依頼しましょう。

給湯器から煙が出る

給湯器から煙が出ている場合も不完全燃焼している危険があります。 使用は控えてなるべく早く交換するようにしましょう。

給湯器の交換はどこに依頼すれば良いのか

給湯器の交換はどこに依頼すれば良いのか 故障が疑われるときに行うべき給湯器の交換ですが、いったいどこに依頼すれば良いのでしょうか。 依頼先の候補がガス会社、メーカー、業者とありますが、それぞれの特徴について解説していきます。

大手ガス会社

まず、交換の依頼先として挙げられるのが、大手ガス会社です。 普段から利用する機会も多く、大手のため信頼のおける選択肢ではあります。 しかし、給湯器の交換の際に大きな割引等がなく、料金的には高額になってしまうことが多いです。 また、給湯器の種類もそれほど多くないことから、信頼を重視しつつ、交換したい給湯器がガス会社にある場合以外は他のところに依頼した方が良いでしょう。

給湯器のメーカー

給湯器のメーカーも信頼できる交換依頼先の一つになります。 現在使っているものと同じ型で新しいもので良いという場合等は給湯器のメーカーに依頼するのもよいでしょう。 しかし、給湯器メーカーに交換依頼を出すと給湯器メーカーが業務委託している業者が交換に来るので、交換や修理費用が希望通りにいかないことが多いです。 また、同じメーカーからしか選べないため、交換の選択肢がたくさん欲しいという場合にはおすすめできません。

業者

最後に紹介するのが業者に給湯器の交換を依頼する場合です。 業者は他の二つと違い、信頼できるかどうかを自分で判断する必要があります。 しかし、複数のメーカーから給湯器を選べたり、修理費用が大まかにどれくらいになるか掴めたりと、メリットが多いです。 また、本体価格を大きく割引している業者が多く、修理費用に加えて自分で料金が決められる部分があるので安く済ませたい時におすすめです。

まとめ

給湯器の修理費用について解説してきましたが、いかがだったでしょうか。 給湯器は高額かつ長年使うものということで、修理や交換は慎重に行いたいですよね。 実際に調べてみると、どこに依頼するかで料金もかなり違ってくるので、是非ご自分でも調べてみてください。 また、故障している場合には不完全燃焼等の危険性があるため、早めの修理・交換をおすすめします。 自分に合った給湯器と修理の依頼先を選んで、気持ちよく生活できるようにしましょう。