水漏れ修理業者徹底比較

全国の水漏れ修理業者を比較、選び方まで解説。

運営会社
よくあるご質問

トイレの水漏れ修理方法!家でもできる修理とは

トイレの水漏れ修理方法!家でもできる修理とは
トイレの水漏れはある日突然起きてしまうもの。

修理経験がなく、困っている方も少なくありません。
そこで今回は、家でもできるトイレの水漏れ修理について紹介していきます。

今回紹介するのは以下の4箇所の修理方法となります。

  • トイレの給水管・配水管からの水漏れの修理方法
  • トイレ本体からの水漏れの修理方法
  • トイレタンクからの水漏れの修理方法
  • ウォシュレットからの水漏れの修理方法


気になる修理箇所がある場合は是非チェックしてみてください。

トイレの給水管からの水漏れ修理方法

トイレの給水管からの水漏れ修理方法 トイレの水漏れの中でも数が多いのが給水管からの水漏れです。

給水管の接続部分から水が漏れていることが多く、パッキン等の部品の経年劣化やナットの緩みが原因とされています。

給水管の接続部分から水漏れしている場合の修理方法を紹介していきます。

止水栓を閉める

トイレの水漏れを修理するときには作業中に水が噴き出ないように必ず止水栓を閉めるようにしましょう。

止水栓はマイナスドライバーで閉めることができ、時計回しに捻っていくと水が止まる仕組みになっています。

止水栓を閉めずに作業を行うと、給水管から水が溢れて床や周辺が水浸しになってしまう可能性が高くなります。

必ず止水栓を閉めてから修理作業へと移るようにしましょう。

水漏れしている箇所の下にバケツ等の容器を置く

水漏れの修理を行っていると止水栓を閉めていても水が漏れてくることもしばしば。

部品内に水が残っている場合にその水が漏れる可能性があります。

水漏れ箇所の下にバケツ等の容器を置くとほとんど床を濡らさずに作業を進めることができます。

給水管の接続部分のナットを外す

給水管と配水管をつないでいる接続部分はナットで止められています。

モンキーレンチを用意してナットを緩め、取り外しましょう。

ナットを取り外すことによって、給水管とトイレへの配水管を分けることができます。

パッキンを交換する

内部にパッキンが入っているので、新しいパッキンと交換しましょう。

パッキンのサイズがわからない場合は、一度パッキンを取り出してみてサイズを確認してみましょう。

外したパッキンを参考にホームセンター等で同じサイズを探すようにしましょう。

元に戻して完了

パッキンを交換したら逆の手順で元に戻していきます。

元に戻す時の注意点として、ナットはしっかりと締めるようにしましょう。

ここを緩めたままにしてしまうと水漏れの原因になります。

また、止水栓を戻して水が流れるかを確認して作業は完了です。

トイレ本体からの水漏れ修理方法

ここからはトイレ本体から床に水漏れしている場合の修理方法について紹介していきます。

この場合、トイレにヒビが入ってしまい漏れている可能性があります。

トイレに特に損傷がない場合はトイレと排水ソケットの継ぎ目から水が漏れているかもしれません。

まず、トイレ本体と床の近くから水が漏れている場合は、排水ソケットを交換しましょう。

ヒビから水漏れが出ている場合は、応急処置として機密防水テープを貼りつけましょう。

ただし、このような応急措置では根本的な解決にはなっていないので、最後には便器交換を行う必要があります。

排水ソケット・パッキンの交換作業は自宅で行うには難度が高く、修理が失敗してしまうとトイレ本体が使えなくなる可能性もあります。

もし、作業を自分で行う場合はそうならないように慎重に進めてください。

また、交換用の排水ソケットを間違った種類のものを購入してしまうと交換ができないので、注意してください。

止水栓を閉める

水漏れ修理するときには必ず止水栓を閉めてから作業を行いましょう。

トイレタンク内の水を抜く

トイレタンクを取り外していく前にタンク内の水を全て抜いておきましょう。

中の水が重いだけでなく、そのままではタンクに入った水がこぼれてしまうので、全ての水を抜く必要があります。

止水栓を閉めている状態でレバーを捻り続けるだけで、タンク内の水が抜けていきます。

便器内の水を抜く

タンク内の水を全て抜いたら便器内の水も全て抜いていきます。

水を抜く理由はタンクと同じく水が取り外しの際にあるとこぼれてしまうからです。

ただし、タンクと違い、レバーによって排水する仕組みはないため、雑巾やバケツ等の道具を使用して便器内の水を抜く必要があります。

小さい容器で水をすくうか、何度も雑巾に水を吸わせてバケツに抜いた水を入れましょう。

トイレタンクを取り外す

トイレタンク、トイレ本体の水を全て抜き終えたら、次は給水管とトイレタンクの接続を外していきます。

ここでもモンキーレンチを使用し、ナットを取り外します。

給水管が外せたら、トイレ本体とトイレタンクを固定しているボルトも一緒にモンキーレンチで取り外します。

このボルトを外すと、トイレタンクを持ち上げて外せるようになります。

ただし、トイレタンクやトイレ本体は割れやすい素材でできているので注意してください。

床に置くときは割れないようゆっくり置くようにしましょう。

トイレ本体を固定しているねじを外す

トイレを固定するねじがトイレの下部にありますので、確認できる全てのねじをドライバーで外します。

全てのねじを外し終えてから次の作業へと進みましょう。

トイレ本体を取り外す

固定していたねじを外すと、トイレ本体を持ち上げて外すことができるようになります。

ねじが一つでも残った状態でトイレを持ち上げてしまうと破損する可能性があるので慎重に作業を行いましょう。

また、外したトイレを床に置く際もタンクと同様に割れないよう気をつけてください。

排水ソケット・パッキンを交換する

トイレ本体を外すとようやく配水ソケットが見えるようになります。

目的に合わせてソケット本体、もしくはゴムパッキンの交換を行いましょう。

交換を終えたら、逆の手順でトイレを元の状態へと戻しましょう。

トイレタンクから水漏れしているときの修理方法

トイレタンクから水漏れしているときの修理方法 トイレタンクから水が漏れている場合、トイレタンク内の部品が経年劣化で故障している可能性があります。

トイレタンクで水漏れが起こる原因と修理方法について一部解説していきます。

トイレタンクと給水管との接続部分の水漏れ修理方法

給水管からの水漏れが確認できる場合は、トイレタンクとの接続部分にあるパッキンの劣化による原因かもしれません。

パッキンの交換手順については以下の通りです。
  1. 止水栓を閉める
  2. トイレタンクと給水管の連結を外す
  3. 連結部分にパッキンがあるので、新しいパッキンに交換する
  4. 元に戻して完了

レバーハンドルからの水漏れ修理方法

レバーハンドルとトイレの接続部分や隙間から水が漏れている時の修理方法は以下のお通りです。

  1. 止水栓を閉める
  2. トイレタンク内の水を全て流す
  3. トイレタンクの蓋を開けて、レバーハンドルの接続チェーンを外す
  4. トイレタンク内側のレバーハンドル固定ナットを外す
  5. レバーハンドルのパッキンを交換 or 本体を交換する
  6. 元に戻して、完了

トイレタンクの底からの水漏れ修理方法

トイレタンクの底部分から水漏れしている時の修理方法は以下の通りです。

  1. トイレタンクに繋がっている給水管の止水栓を閉める
  2. トイレタンク内の水を全て流す
  3. 給水管とトイレタンクの給水ホースを外す
  4. トイレタンクを固定しているナットを取り外す
  5. トイレタンクを取り外す
  6. トイレタンクの底のパッキンを交換する
  7. 元に戻して完了

ウォシュレットからも水漏れが起きる

ウォシュレットからも水漏れが起きる 実はウォシュレットからも水漏れが起きる可能性があります。

中でも水漏れが発生しやすい箇所は以下の通りです。

  • ウォシュレット本体
  • 水抜き栓
  • 給水フィルター
水抜き栓や給水フィルターは交換が可能ですが、ウォシュレット本体が故障している場合は本体の交換が必要になります。

まとめ

トイレの水漏れを家でも修理できる方法を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

パッキンや排水ソケットといった部品はたくさんの種類が存在しているので、購入の際は間違えないようにしましょう。

中には初心者の方には難しい作業もありますので、難しいと感じた場合、無理せずにプロの業者に依頼するようにしましょう。

業者に依頼する際は一つの業者だけではなく、複数の業者に見積もりを依頼することでより低額で安心して修理を任せられる業者を見つけることができます。