水漏れ修理業者徹底比較

全国の水漏れ修理業者を比較、選び方まで解説。

運営会社
よくあるご質問

トイレの水が止まらないときの対処法について

トイレの水が止まらないときの対処法について
トイレが水漏れを起こし、止まらなくなってしまってお困りではないでしょうか。

トイレの水が止まらないという場面に遭遇することは少なく、どのように対処したら良いかわからない方も多いのも不思議ではありません。

そこで、この記事ではトイレの水が止まらない原因や対処法について紹介します。
admin

この記事は比較ランキング運営事務局が執筆しています。

トイレの水が止まらなくなる原因

トイレの水が止まらなくなる原因 トイレの水が止まらないのを処理するためには、まず原因を確認しましょう。

水が止まらなくなってしまう原因について詳しく解説していきます。

ゴムフロートの故障

原因となっている可能性が最も高いのは、ゴムフロートの故障です。

ゴムフロートはタンクの底で排水の調節をする役割を持っている部分です。

これが経年劣化していたり、位置がずれてしまっていたりすると、便器内に流れる水が調節されず、水が止まらない状況になってしまいます。

タンク内の水位が正常でない

トイレタンクの水位がオーバーフロー管より上に来ている場合も水が止まらない可能性があります。

ボールタップや浮き玉の故障により、給水管からタンク内へ水が流れ続けると、オーバーフロー管から絶えず水が便器内に排出されます。

トイレが常に水の音を立てている場合は注意が必要です。

また、音がほとんどしないような少量の水が流れ続けている時でも、便器の中を見てみると、水が流れているのが目で確認できます。

手洗い金具管からの水が止まらない

手洗い金具管からの水が止まらない時は、ボールタップ周辺の不具合を疑いましょう。

水洗レバーの鎖が絡まってゴムフロートが上手く開閉できないだけの場合もあります。

あらゆる接続部分のパッキンの劣化でもボールタップが正常に機能しないこともあるので、ボールタップ本体とその周辺も確認をしましょう。

トイレの水が止まらないときの対処法

トイレの水が止まらないときの対処法 ここまでトイレの水が止まらない原因について紹介してきましたが、当てはまるものはありましたでしょうか。

ここからはトイレの水を止めるための対処法について紹介していきます。

ボールタップを修理する

ボールタップの不具合は、トイレのあらゆる箇所に影響を及ぼします。

ボールタップの不具合で水が止まらないことが多いので、最初はボールタップの不具合を疑ってみてください。

ボールタップの不具合として考えられるのは以下の通りです。
  • 水位調節ネジを締める
  • ボールタップを交換する
  • 浮き玉を交換する


これらについて詳しく見ていきましょう。

水位調節ネジを締める

ボールタップに不具合があると、水を供給し続け、タンク内の水位が常に高い状態になってしまいます。

ボールタップの下側には水位を調整するネジのような部分があり、ここが緩むことで水が止まらなくなってしまいます。

タンク内の水位に異常がある場合は、まずこの部分が緩んでいないか確認し、締め直して調整しましょう。

ボールタップを交換する

ボールタップが劣化などによって故障していると、給水や止水の機能に支障が出ます。

確認方法としては、浮き玉を上に持ち上げてみてください。

水が止まらなければ、ボールタップの故障の可能性が高いです。

その場合は、ボールタップを新しいものに交換することで解決できます。

浮き玉を交換する

浮き玉が破損し、中に水が入り込むケースや、支持棒が折れ曲がってしまうケースがあります。

そうなってしまうと、トイレタンク内の水位の変化が正しく伝わらなくなってしまうため、水の調整が上手くできなくなってしまいます。

この場合は、浮き玉や支持棒を新しいものに交換することで解決しましょう。

ゴムフロートを修理する

ゴムフロートもトイレタンク内にある部品の一つで、排水口を塞ぎことで水の流れる量を調整しています。

  • ゴムフロートを交換する
  • 鎖が絡まっていないか確認する
  • ゴムフロート周辺に異物がないか確認する


それぞれについて詳しく見ていきましょう。

ゴムフロートを交換する

ゴムフロートは常に水中にあるため、経年劣化が早い傾向にあります。

ゴムフロートが劣化している場合、新しいものに交換する必要があるでしょう。

鎖が絡まっていないか確認する

水洗レバーとゴムフロートをつなぐ鎖が絡まってしまっていると、ゴムフロートが常に持ち上がっている状態になります。

その状態になってしまうと、水が止まらなくなってしまいます。

この場合は鎖の絡みを解くだけで正常に動作するようになります。

ゴムフロート周辺に異物がないか確認する

ゴムフロートに異物が引っかかってしまうと、排水口をしっかりふさぐことができなくなってしまい、水が止まらなくなってしまいます。

異物を取り除くことで、この症状は解消されます。

ただし、異物によってゴムフロートが傷ついてしまうケースもあるので、その場合は新品に交換することも視野に入れましょう。

手洗い官の修理

手洗い官の修理 手洗い管から水が止まらないときは、手洗い管のナットを締めてみましょう。

手洗い管につながっているジャバラホースがしっかり接続されていない可能性があります。

ジャバラホースをしっかり接続するために、このナットをしっかり締めることが大切です。

もし、ナットを締めても解決しないというときは、ホースやパッキンの損傷の可能性があるので、早めに交換しましょう。

オーバーフロー管の修理

給水機能に問題はなさそうなのに便器への排水が止まらない時は、オーバーフロー管の不具合を疑ってみてください。

オーバーフロー管のどこか一部分でも破損してしまっていると、水位が高くなくても水が止まらなくなってしまうことがあります。

この場合は、オーバーフロー管の破損箇所をテープ等で塞ぎましょう。

ホームセンターなどで手に入るアルミテープのような水を通さないテープであれば問題なく穴を塞ぐことができます。

ただし、破損が酷い場合や、オーバーフロー管本体が折れている場合は新しいものに交換が必要です。

しかし、オーバーフロー管の交換にはトイレタンクを移動させる必要があるので、ご自宅でのDIYはおすすめしません。

業者に修理を依頼するようにしましょう。

まとめ

トイレの水が止まらないときの原因と対処法について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

原因が既に分かっていて、ご自分で対処できそうなときは、今回の対処法を試してみてください。

しかし、難しいと感じた際には無理せず水道業者に依頼・相談した方が良いケースもあります。

無理に直そうとしてしまうと、症状を悪化させてしまう危険性もあります。

料金はかかってしまいますが、プロに任せた方が安全かつ確実です。

また、業者に依頼する際には見積もり無料の業者に依頼するのが、おすすめです。

見積もり無料の業者の中から業者をいくつか選び、比較して検討してみるとより良い業者を選べるようになります。

業者をいくつかチェックして、トイレを快適に使えるように修理してもらいましょう。